記事

「ダウンロード違法化」のひとまずの終着点

1/2

3年越しで議論されてきた「違法ダウンロード規制拡大」をめぐる動きが、改正著作権法成立という形で、ようやく一つの区切りを迎えた。

漫画などの海賊版対策を強化する改正著作権法は5日、参院本会議で成立した。インターネット上に無断で公開された全著作物を対象に、違法だと知りながらダウンロードする行為を規制し、悪質な場合は刑事罰を科す。一方、「特別な事情がある場合」や「軽微な場合」は規制しない。文化庁は今後、違法性の線引きを示す「Q&A」を学校など向けに作成する。」(日本経済新聞2020年6月6日付朝刊・第30面。強調筆者)

今回の「一般コンテンツ向け海賊版対策」は、①サイトブロッキングの議論に始まり、②それが紛糾の末立ち消えになるや否や著作権法に飛び火して、③一度は成案に落ち着きつつも土壇場で仕切り直し。そして、再び再開された審議の中でも、④「著作権者の利益を不当に害することとなる場合」の扱いが最後までまとまらずに政治決着、というのが、極めてざっくりとした自分の理解であり、その過程で大型海賊版サイトの摘発等もあったりして*1、最後は「関係者の皆さまお疲れさまでした」の一言に尽きるだろうか。

かつて「ロー・セイリアンス」の政策分野の一つとして取り上げられ*2、有権者が関心を持つテーマたりえない、とされていたこの分野で、「政治」が前面に出て議論を動かし、最終的な解決を導いた、という点でも、今回の件は、日本の著作権の歴史を大きく塗り替える一大トピックになったと言えるのではないかと思う。

ちなみに、自分の一連の議論に対する見方は、↓のエントリーの最後の方に書いた通りで、議論の過程で出てきた様々な懸念の声の中に、日々「法」というものを、特にビジネスの世界で使われる法律を扱っている者の視点で見れば、必ずしもリーズナブルとは言えないものが混じっていたように思えたこともあって、途中からかなり距離を置いて眺めていたところはある。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

ただ一方で、議論がこじれた背景に、古くから存在し、今世紀に入ってからも延々と続いている「権利者側」と「ユーザー側」との間の一種の相互不信(そもそも議論が拠って立つ基盤の部分からして大きく食い違っている、という問題)があったことは確かだし、加えてそこに刑事司法に対する不信感が絡むことで話がよりややこしくなったことも否定できないだけに、これからも時代に合わせた著作権法のリフォームにかかわっていく可能性のある立場の人間として、”これから”に向けて、いろいろと考えさせられることは多かった。

今回の話に関していえば、「海賊版対策」自体は誰しもが反対しようのない合理的な立法目的なのだから、後になって「与えた手段がやっぱり間違っていた」と言われないように、今回「武器」を手に入れた側がいかに合目的的なアクションを徹底できるか、そして本来の立法目的を逸脱した運用がなされないように、司法府がいかに適正なジャッジを行うことができるか、ということに全てはかかっているし、それができないようだと、この先、より巧妙な「侵害」に網をかぶせようとしても支持を得られる可能性は低くなる。

逆に、ユーザー側にしても、「ダウンロードは違法になったけど、ストリーミングならいいんでしょ」という安易な行動に流れるようだと、将来的に、今回は守られた(とされている海賊版とは無関係な)私的領域にまで硬直的な規制が食い込み、行動を規制されるリスクを負うことになるわけで、コンテンツを享受する対価が創作者に適切に還元されるようにするためにどう振る舞うべきか、ということは、法によって強制される以前に意識しなければいけないことではないかと思う*4

あわせて読みたい

「違法ダウンロード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  4. 4

    アイリス新卒採用を640名に拡大

    Ledge.ai

  5. 5

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  6. 6

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  7. 7

    鎌倉時代に略語? 「を」で返事か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  9. 9

    未だ第1波の教訓も生かせぬ日本

    門田隆将

  10. 10

    田嶋陽子氏 結婚制度は崩壊する

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。