記事

小学校教師、コロナで労働時間増え「子供達に会えなく辛い」

生徒とあまり会えない時間が続く(写真/共同通信社)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、今一度その重要性に注目が集まるエッセンシャルワーカー。医療従事者、配達員、役所職員、清掃員、スーパーの店員など、多くに人々が暮らしを守り、社会を支えるために、今日も働いている。

◆児童、患者のために涙を押し殺す

 教師も大切なエッセンシャルワーカーだ。緊急事態宣言が解除された現在、各地で徐々に学校が再開され始めた。

「先週、体育館を使って保護者会をしました。Zoomを併用することで、保護者が自宅からでも出席できるようにしました」

 そう語るのは、埼玉県内にある小学校で教師を務める30代女性。当初は3学年ずつの保護者会を開く予定だったが、開始30分前に別の教師が「これって密だよね」とつぶやいたという。

「そこで急遽、1学年ごとに保護者会を分けることにして、いすを並べ直しました。全学年分、6回の保護者会の間はそれぞれ15分間しかありません。その間にすべてのいすを教員が除菌しました。

 3密を回避するために質疑応答をなくしましたが、想像していたとおり、終わってから“授業はどうなるんですか”“どうして行事をなくすのですか”などの問い合わせの電話が殺到。なかには“パソコンがおかしくてZoomが使えない!”と、私たちにはどうしようもない苦情までありました」(小学校教師・以下同)

 自粛期間にオンライン授業を導入し、週に2~3日は在宅勤務となった。家での業務は楽だと思われがちだが、そんなことはない。

「定期的に課題を提出し、新しい課題は保護者か児童に学校まで取りに来てもらうので、1学年につき必ず1人の教員が学校に常駐します。オンライン授業のアカウントとパスワードが書かれた用紙は、担任が児童1人分ずつ封筒に入れて、保護者に手渡し。受け取りに来なかった家庭には電話して、改めて来校してもらう日を決めました」

 児童のアカウントに万が一のことがないよう、管理のための研修も受けているという。

「オンライン環境がない家庭もあるので、課題はすべて紙で渡す必要があります。感染防止のため校庭に机を用意し、1人来るごとに教員が1冊ずつ教科書を並べて、課題と教員が手書きした解答を添えます。多くの小中学校で行っているようですが、教員が身につけるフェイスシールドも自分たちで手作りです」

 一見非効率的にも思える手作業はすべて、児童や保護者が学校に滞在する時間を少しでも短くして、感染リスクを下げるためだ。そのため、1日の労働時間は平均して、コロナ前より3時間以上は延びているという。

「仕事量はこれまで以上に増えました。それに、子供たちにあまり会えないことが地味につらい。コロナ前は体力面で児童に元気を奪われていましたが(苦笑)、精神的な面では、児童から元気をもらっていることも事実です。いまは休み時間のたびに児童と走り回っていたときよりも疲れています。子供たちのいない学校は、なぜか時間の進みがすごく遅く感じるんです」

 小学校教師は続ける。

「でも、いまいちばん大変なのは子供たちですから。休校中は友達にも会えないし、課題どころではなかったでしょう。学校が再開されたら、学習格差を埋めるための新しい教育方法を、教育界全体で考えないと」

 登校再開の6月1日から、また新たな課題に立ち向かっていることだろう。

◆私たちが働かないとみんなが困る

 エッセンシャルワーカーたちは、常に「誰かのために」と己を鼓舞し、全力を注ぐ。医療従事者や介護スタッフも、コロナ禍での院内感染や施設内感染を防ぐべく、必死の勤務を続けている。

 これまでも、家族にうつさないためにわざわざホテルを借りてそこから出勤したり、連日マイカーに宿泊する医療従事者の姿がたびたび報じられた。

 どの仕事もつらいはずだが、諦めや嘆きが表に出る機会は少ない。むしろ多くの人は口を揃えてこう語る。

〈つらいなんて言ってられない。私たちが働かないとみんなが困るから〉

 だがそこには落とし穴もある。労働や貧困問題に取り組むNPO法人「POSSE」代表の今野晴貴さんはこう指摘する。

「大きなやりがいを感じている人ほど、労働条件で無理をさせられてもがまんする傾向があります。給料が低すぎたり労働時間が長すぎたりしても、自分の仕事に意義を感じていて、責任感が強いから、つい頑張ってしまうんです」

※女性セブン2020年6月18日号

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。