記事

「お父さんの分まで活動を続けます」曽我ひとみさん、横田滋さんに宛て手紙

 拉致被害者・横田めぐみさんの父・横田滋さんが亡くなったことを受け、曽我ひとみさんが6日午前、会見を開いた。

・【映像】滋さん死去に安倍総理「本当に申し訳ない」

 曽我さんは「とても優しくて、笑顔が素敵な人でした。めぐみさんも滋さんに似て、とても優しい人でした。40年間、自分のことを忘れずに一生懸命に活動して、自分を待っていてくれたということは、めぐみさんにも絶対に通じていると思います」とコメント。滋さんに宛てた手紙を読み上げた。

 その上で「ただ、皆さんもご高齢になられているので、本当に早くこの問題を解決していかないと、会うことができず、思いを胸の内にしまいながら亡くなってしまうので、もうそんなことはやめてほしいです。すぐにでも会談を実行して、皆が家族のもとに一日も早く帰れるように、これまで以上の力を尽くして欲しいです」と話していた。

■曽我ひとみさんの手紙

6月5日2時57分、横田滋さんが87歳でお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り致します。
第一報は、昨日仕事だったため、拉致対策本部からでした。とにかく信じられなくて、頭が一瞬真っ白になり、何も考えられませんでした。
少し落ち着いてきたら、私が帰国をしてからの出来事が次々と思い出され、悔しくて悔しくて、こんなに頑張ってきたのに、めぐみさんに会うことなく天国に旅立ってしまいました。お元気な時にもっと手紙を書けばよかったと、今更ながら後悔しています。

今日はあえて「めぐみさんのお父さん」と呼ばせていただきます。初めてお父さんとお会いしたのは羽田空港でしたね。私が24年ぶりに日本に帰国できた日です。「曽我さん、おかえりなさい」と優しく声をかけてくれました。めぐみさんのことを思い、泣きながらカメラのシャッターを押していた姿は、今でも深く印象に残っています。

お父さんはとても優しく、いつも私と会うと、「めぐみと一緒にいてくれてありがとう。何か思い出したら聞かせてくださいね」と笑顔で話されていました。家族会初代会長として発足以来20年、めぐみさんを探し続けて40年以上活動を続けられ、どんなに大変だったでしょう。私にはほんの少ししかわかりません。

でも一つ、はっきりとわかることがあります。それは、私の人生を救ってくれたことです。心から感謝をしても、しきれません。なのに私は何の恩返しもできませんでした。めぐみさんに会わせてあげたかった。たくさんたくさん、話をさせてあげたかった。しかし、それも今は叶わなくなりました。今の心境を表すなら悔しい、悲しい。心が痛い。様々な思いがぐるぐる駆け回っています。

今、世間はコロナ一色に染まっていることから、今年は何の活動もできていませんが、この痛恨を力に変えて、お父さんの分まで活動を続け、一日も早い解決に向かって頑張ります。お父さんも天国で応援して下さい。ゆっくり休んで下さい

令和2年6月6日
曽我ひとみ

▶映像:滋さん死去に安倍総理「本当に申し訳ない」

あわせて読みたい

「曽我ひとみ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  4. 4

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  7. 7

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  8. 8

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  9. 9

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  10. 10

    欧州の空港 200近くが破産危機に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。