記事

コロナ騒動で「これからどう生きるべきか」再確認できた

<お知らせ>【登録者数1600名突破!】毎日ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

日本国内ではコロナ感染のピークは過ぎ、そろそろここ数か月のコロナウイルスとの付き合い方について、冷静に振り返る時期になっていると思います。

政府の経済対策やウイルスの感染防止対策は、それぞれの専門家に任せるしかありませんが、自分自身を振り返ってみると、新型コロナウイルスに振り回されたことによって、人生をどう生きていくかについて、いくつかのことが改めて確認できました。

まず、「毎日を悔いなく生きる」ことの大切さに気が付きました。明日は何が起こるかわからない。未来の予想が付かず、想定していなかったようなことが次々と起こる世の中になりました。そうなると、今を悔いなく生きることが大切になります。

いつも「明日人生が終わるとしたら、今日何をするか?」と自分に問いかけながら生きる。悲観的になれということではなく、一日一日を大切にすべきということです。やりたいことを作送りにして、将来「やらない後悔」をすることだけは避けたいものです。

そして、「人生は『自分のため』を忘れない」ことも大切です。人に迷惑をかけたり、反社会的な行為は許されるものではありません。しかし、周りの人たちに気を遣ったり、忖度して生きていても、豊かな人生は手に入れられません。日本人は「自分勝手」「自己中心的」と批判されるくらいで、丁度良いと思います。

3つ目は「生きているだけで儲けもの」ということです。無念の気持ちを持ちながら、新型コロナウイルス感染でこの世を去った人もたくさんいると思います。そんな人たちを想うと、今日もこうやって生かされていることに大きな価値があることを再認識します。

新型コロナウイルスによって、健康を害したり、経済的にダメージを受けたり、夢を諦めなければならなくなったり、多くの不幸があったのは事実です。

しかし、そんな中でも自分がこれからやるべきことが明確になれば、未来を変えていくことができます。

「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」

だから、これからどうするかにフォーカスすることを、もっと意識すれば、人生はもっと豊かになる。そう強く信じています。、

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月6日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ワーク・ライフ・バランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    台湾載せぬWHO 外務省は別途対応

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。