記事
  • WEDGE Infinity

追放されたロシアがG7復帰?クリミア問題はもう時効なのか - 樫山幸夫 (元産經新聞論説委員長)

1/2

[画像をブログで見る]

クリミア併合というロシアの蛮行はもう〝時効〟になったのか。

トランプ米大統領がアメリカで今年開かれるG7サミット(主要国首脳会議)にロシアを招請したい意向を明らかにした。大統領の持論であり、いまさら驚くことはないが、びっくりしたのは日本政府の反応だ。茂木外相は、トランプ氏の意向を支持、ロシア復帰を歓迎した。

ロシアは2014年、ウクライナのクリミア半島を強引に自国に編入したことを非難され、G8から追放された。北方領土を不法に占拠されている日本も、ウクライナと同じ〝被害者〟だ。ウクライナ問題が解決を見ていないにもかかわらず、何の大義あってロシア招請に賛成するのか。

トランプ、プーチン両氏にいい顔をするーー。右顧左眄(うこさべん)といれてもやむを得まい。

トランプ「G7は時代遅れ」

トランプ大統領は5月31日、ことしの議長として、今月中に開催する予定だったG7首脳会議を9月の国連総会前後か、自ら再選を目指す11月の大統領選の後に延期し、ロシアのほか、インド、豪州、韓国を招請する考えを示した。 大統領は「G7は時代遅れになった。世界で現在起きていることを正確に反映しているとは思えない」と招請の理由を説明した。

ホワイトハウス高官はこれに関して、大統領は、今年のサミットで、中国問題を大きな議題とする意向を持っていると明らかにした。新型コロナウィルスへの対応や香港問題で対立している中国への圧力で各国の同調を促し、包囲網を形成したい考えと伝えられている。

韓国の文在寅大統領は6月1日のトランプ大統領との電話協議で、自らの出席について「喜んで応じる。G7だけで世界的な問題への解決を見出すことには限界がある。4カ国の招請は適切だ」と、いささかはしゃぎすぎとも思える表現で謝意を伝えた。

ロシアなど各国の招請が、今年だけのゲストとするアウトリーチなのか、恒久的にメンバーを拡大しようという構想なのか、トランプ大統領の意図は明らかではないが、カナダはすでに反対を表明、英国、フランスも同様とみられる。恒久的な参加国拡大には、各国の同意が必要であるため、実現は簡単ではない。 

外相「対話と関与が必要」

トランプ大統領は、2017年の就任以来、ロシア再招請に意欲をみせ、フランス・ピアリッツで開かれた昨年のサミットのでもこの問題を提起したが、各国首脳から時期尚早と一蹴された。昨年の議長、マクロン・フランス首相は「クリミア問題が解決されれば復帰が実現する」と述べ、クリミアの原状回復がなされない限り、問題にならないとの姿勢を示した。

本来ならロシア参加に真っ先に反対を唱えるべき日本が、トランプ大統領の構想に賛意を示した理由を茂木外相が説明する。「国際的な課題の対応に当たって、ロシアの建設的役割を引き出すため、対話と関与が必要だということは、わが国の基本的認識だ」(6月2日の記者会見)ーー。日本から領土を強奪した国に「建設的役割」を期待するというのだから、お人よしにもほどがあるというべきだろう。

救いは、外相がロシアの参加は恒久的な復帰ではなく、あくまで今年限りのゲスト、という前提にたっていることだ。茂木氏は、「G7では、アウトリーチとしてメンバー外の国や国際機関が招待される。昨年は、アフリカ諸国、チリ、インド、豪州等が招かれた」と説明した。しかし、たとえ一年だけのゲストであったとしても、追放した国を招請するというからには、それなりの納得のいく理由が必要だろう。ロシアが反省、謝罪してクリミアの原状を回復させたというならともかく、そういう状況に至っていないなかで招請することは、その不当な行動を容認することになる。

北方領土とクリミア、根は同じ

ロシアがG8を追放されたクリミア編入は、〝力による現状変更〟であり、北方領土問題と軌を一にしている。

 クリミア編入は、2014年春、ウクライナで親ロシア政権が崩壊、欧米寄りの政権が登場したことが事の発端だった。クリミアの親ロシア一部住民が抗議、情勢が混乱したことに乗じてロシア軍が侵攻。クリミアに親ロシア政権が樹立され、ロシアへの編入が決定された。その賛否を問う住民投票は不明朗な形で行われたが、ロシアはウクライナや欧米各国の反発を押し切って編入を宣言した。

クリミア併合直後、ウクライナ東部でも親露派が独立やロシアへの併合を求めて中核施設を占拠、ウクライナ政府軍と激しい戦闘に発展した。クリミアはロシアに併合されたままで、東部紛争に関して、違法な外国武装集団の撤退などが盛り込まれたミンスク合意(2014年9月と2015年2月、ウクライナ、ロシアなどが調印)は履行されず、混迷が続いている。

国連、欧州などは、ウクライナなどの主権、領土一体性を保障したブタペスト宣言(署名、米英露)違反として非難。関与したロシア企業、個人の資産凍結取引停止など厳しい制裁を科した。

この年6月のG8サミットはロシアのソチで開かれる予定だったが、各国はこれをボイコットし、ブリュッセルでロシア抜きの会合を開いた。この場で、ロシアのG8追放が決まり、現在まで「G7」になっている。

わが国の北方領土強奪についてはいまさら繰り返す必要はなかろう。ロシアの前身、旧ソ連は、先の大戦の末期、日本との中立条約を破棄して旧満州に攻め込んだ。8月15日の終戦後、かつて一度も外国領になったことのない北方4島に侵攻、以来70年以上、不法占拠をつづけている。ソ連からロシアになっても、その行動パターンにはまったく変化がない

あわせて読みたい

「茂木敏充」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    台湾載せぬWHO 外務省は別途対応

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。