記事

オンライン婚活 女性作家が体験してわかった利点と欠点

コロナ自粛の長期化で台頭してきた「オンライン婚活」

過去には恥ずかしがり屋の人たちによる対面型の「お面婚活」も開催された(時事通信フォト)

 新型コロナによる自粛生活をきっかけに、一斉に沈黙した婚活パーティー。リアルでの出会いが叶わない時期に台頭してきたのが、「オンライン婚活パーティー」だ。ウィズコロナの時代、リモートでの出会いは果たして定着するのか。自身も何度か体験してみたという作家の内藤みか氏がレポートする。

【写真】リアル「お面婚活」の様子

 * * *
 コロナ以前の婚活系、恋活系パーティー市場はかなり活気あるものでした。テーマも細分化され、20代向けから高齢者向けまで年代別に区切られているものもあれば、旅行好き、料理好きなどと趣味ごとに分けられているもの、さらには業種別、出身地別などと、多種多様に開催されていたのです。

 特に最近人気を集めていたのは、個室系パーティーでした。ネットカフェのように小さく区切られたブース内に座って待っていれば、男性が順番に訪れて会話ができるというもので、全員と会話ができるという利点もありました。他の同性参加者と自分を比較して引け目を感じることもないので、ひっそり婚活したいというニーズにマッチしたシステムとなっていたのです。

 しかし、多岐にわたって開催されていた婚活パーティーは、4月7日の緊急事態宣言発令によって開催が軒並み中止となりました。その代わり登場したのが「オンライン婚活」です。ユーザーは自宅のパソコンからパーティーにアクセスし、複数の異性とビデオ通話をすることができます。

オンラインパーティーでも集団系と個室系がある

 オンライン婚活パーティーには、リアル婚活パーティーと同じように、集団型と個室型とがあります。集団型は、男女10人以上がドリンクを片手に楽しく会話をするもので、パーティー終了時には好みの相手に連絡先を伝えることもできます。

 そしてもうひとつの個室型は、1対1で異性とトークをすることができるというもの。話す相手は次々チェンジされ、全員と順番に会話ができるようになっているのはリアルでの個室系パーティーと同じ感じです。最後に気に入った異性のナンバーを主催者にメールし、相手も自分のナンバーを選んでいてくれたらカップル成立となります。

婚活常連の女性はオンラインはせず

 私の周囲の婚活中の女性たちは、コロナ以前は毎週のように婚活パーティーに出向いていました。通えば通うほど運命の赤い糸の相手に出会う確率も高まるはずと信じ、真剣に挑んでいたのです。けれど、コロナ禍以降、オンライン婚活に場所を変えたという人はほとんどいません。「早くリアル婚活パーティーが再開されないと困る」とこぼしている状態です。

 実際、オンライン婚活の募集を見てみると、満員となった回はあまりありません。特に女性は、自分が婚活をしているという事実を知られることを恐れている人が多いため、PCの画面に自分の顔が映し出されることに抵抗を感じているようです。何らかの方法で録画や画面撮影をされ、それが流出してしまうと恥ずかしいのだとか。

オンラインでもリアルな対面求める男性陣

 私も、40代向けの個室系オンライン婚活パーティーにいくつか参加してみました。そして気づいたのですが、リアル婚活パーティーとは明らかにユーザー層が違うのです。「今まで婚活パーティーに参加する勇気がなかったけれど、オンライン版ができたので思い切って試してみました」と言っている人もいました。

 婚活パーティーでは、声が大きく快活な感じの男性が人気を集める傾向がありますが、私がオンライン婚活パーティーで遭遇したのは、もちろん快活に会話をリードする通常の婚活パーティーにいるような人もいましたが、それよりはおとなしめの男性が多め。リアルの場と違うタイプの男性と知り合えるのは、新鮮な体験でした。

「どんなことを話したらいいのかわからない。デートとかしてもらえるんですか?」と単刀直入に聞いてきた男性もいたり、「今度一緒に食事しませんか」と誘う男性もいたりと、男性陣は会うことにかなり意欲的な印象でした。

 おそらくですが、私も含め、女性のほうは当面オンラインのやり取りを続け、実際に会うかどうかはコロナが落ち着いてから考えたいという人が多いのでは。会うまでの男女のテンポのズレはあるかもしれません。

オンライン婚活の利点と欠点

 オンライン婚活パーティーの利点は、なんといっても移動時間がゼロだということ。部屋の様子を知られたくなかったら、バーチャル背景機能で海などの画像に変えられるので、気楽です。また、上半身しか映らないので、全身をトータルコーディネートする必要もありません。家にいながらにして異性と知り合えるのは、とてもラクでありがたいことなのです。

 欠点は、相手の身長や体型が分かりづらいということ。そしてネットを使っているので、時々音声や画像が途切れることがある点です。実際に私も会話の途中で相手の回線が切れるアクシデントがありました。

 また、オンラインなので、相手と目が合わないため、気持ちがどこまで伝わっているのか感触が掴みにくいのは寂しい感じがしました。また、カップル成立しても、近くにいるわけではないので、パーティー終了後に一緒にお茶もできないので、関係が発展しづらいのも残念です。

今後婚活パーティー市場はどうなる?

 緊急事態宣言解除により、6月からは再びリアル婚活パーティーの開催も続々と企画されていますが、男性が満員になっても女性は参加に慎重な様子です。ただ女性にも「やっぱりリアルじゃないと」という声は根強く、安全性が確認されれば、徐々に女性も戻ってくることでしょう。

 では、始まったばかりのオンライン婚活はどうなるかというと、参加者の層がリアル版と完全にはかぶっていないこともあり、今後の普及状況は見えにくい面があります。

 多忙な人の場合、オンラインのほうが参加しやすいかもしれませんが、モニター上で顔を見せたくないという女性も多いので、「声だけ婚活」や「仮面婚活」といった新たな企画が導入されたら賑わう可能性はあるかもしれません。ただ、真剣交際に発展しやすいのは、やはりリアルな対面パーティーのほうが圧倒的だと思います。

あわせて読みたい

「婚活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  6. 6

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河井夫妻の起訴 自民どう動くか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。