記事

めんどうな自由、お仕着せの幸福――サンスティーン先生、熟議のお時間です! - 那須耕介 / 法哲学

1/2

『ナッジ!? 自由でおせっかいなリバタリアン・パターナリズム』の編者である法哲学者の那須耕介さんが、ナッジやリバタリアン・パターナリズムをめぐって、同時代の気になる方々と繰り広げた対話連載がスタートします。まずは、ホスト役の那須さんが、自身の「問題意識」を語りました。いま、このややこしい時代だからこそ話ししてみたいと考えたのはなぜなのか、ちょっと意味深なタイトルの意味を含めて、はじまりはじまり――。(勁草書房編集部)

自由という重荷?

理不尽な拘束や抑圧を被らないこと、十分な選択肢が与えられていること。昔ながらの「自由」は、いまも私たちの暮らしになくてはならない価値ですが、ともすればこれを恩恵どころか重荷に感じる機会が増えてきたような気がします。

私の自由には、やっかいな自己責任がともないます。膨大な選択肢から選ぶこと自体わずらわしいのに、失敗したら一人では負いきれない代償を求められるなんて、割に合わない気がしませんか。勝手にしていいけど、まわりに迷惑かけないでね。結果は自分で引き受けてね。そんなふうに言われるとき、自分の自由は負担を重くするだけのように思えます。

いっぽう、他人の自由にはあぶない感じがつきまといます。まわりの人が野放図にふるまえば、害を被る可能性も高まります。「安全・安心のためには、多少のことは我慢してもらわないと」「見通しのきかない時代だからこそ、トラブルの原因は早めに摘んでおくべきだ」。そう身構えるのは不自然なことではないでしょう。いまや、他人の自由は不安をかきたてるリスクそのものなのかもしれません。

レディ・メイドの幸福?

「自由のせいで不幸になってしまうのでは元も子もない」「豊かで安定した生活、気楽で順調な毎日のためなら、少々の不自由は我慢しましょう」。そんな考え方にはたしかにうなずかされるところがあります。ですが、「そうまでして手に入れたいあなたの『幸福』って何ですか」とあらたまって尋ねられると、答えに詰まってしまうような気がします。

親や先生から、友人や同僚から、企業や国や“世間”から、「これがあなたの幸福ですよ」と思い込まされているだけなんじゃないの、なんて意地悪く詰問されたら、私の幸福のイメージは途端に色あせ、ぼやけてしまうような気がします。自分で思い描き、自分で選んだのではない幸福は、ほんとうにその人の幸福といえるのでしょうか。

レディ・メイドの幸福像を頭から否定しようというのではありません。自分や他人の自由を切り詰めてはじめて確保される幸福というものがありうると考えたとき――あるいはその反対に当人が自由に選びとることが幸福の前提だと考えたとき――、私たちの幸福像の内実にはどんな違いが出てくるのか、考えてみたいように思うのです。

「自由」と「幸福」のゆくえ:連載のねらいと主題

今日の法制度や公共政策のなかで、私たちの「自由」や「幸福」のとらえ方はどう変わりつつあるのか、それにあわせて私たちの社会の仕組み、とくにその舵取りをする政府はその役割をどんな方向にシフトさせようとしているのか。これから始まるインタビュー連載では、それぞれの研究領域の先頭を走ってこられた5人の先生方のお話をうかがいながら考えてみたいと思っています。

話題の中心には、キャス・サンスティーン教授の仕事、なかでも彼のリバタリアン・パターナリズムと「ナッジ」の理論をおいてみることにしました。彼はこの30年あまりにわたり、最も多産かつ影響力ある法学者として活躍し、オバマ政権時代には政府の中枢に加わってその活動をリードする役割も担った人物です。大きく変貌を遂げつつある現代の福祉国家と私たちの社会のゆくえを占うにあたり(そしてできればそこから若干の指針を得るには)、近年の彼の仕事ほど、刺激的な示唆を与えてくれるものはないように思えます。

以下では連載をはじめるにあたり、なぜ私がそう考えるに至ったのかを簡単に説明させてください。

「社会問題」の発見と福祉国家の誕生

冒頭に挙げたような自由への疑いや危惧は、今日突然に始まったことではありません。本家本元の西欧社会においてさえ、「すべての人に最大限の自由を等しく保障することこそ、平和と繁栄の条件なのだ」という近代自由主義の楽観を丸ごとくつがえすような疑いが突きつけられた時期がありました。

「最初のポストモダン」とでも呼ぶべきこの風潮は、19世紀半ばに生まれました。産業革命を経た当時、急速な都市化と工業化のなかで大都市を中心に失業と貧困が広がり、衛生状態や治安も極度に悪化していました。ここに生じている問題は、特定の個人に責任を負わせても解決にはつながらない、したがって社会全体で取り組んでいくほかない問題なのではないか――そんな風に感じた人も多かったようです。今日私たちが「社会問題」と呼びならわしているもの――いくつもの要因が構造的にからみあっているため、たくさんの人びとの継続的な協力を必要とする課題――への感受性は、このなかで深められていったのです。

この問題をゴルディアスの結び目よろしく一刀両断にしようとしたのが社会主義者たちでしたが、福祉国家はそのようなラディカルな方策をとらず、既存の自由主義的な法制度に弥縫的な修正をほどこし、種々の社会政策を接ぎ木しながら形成されていきました。経済成長をめざしつつ競争的市場を操縦し、人びとの生存・生活を保障、改善する責任を、政府が率先してひきうけることになったのです。

そこでは、自分たちの暮らしの安寧や向上のためならば、それまで認められてきた自由の制限もやむなしと考えられました。とりわけ、野放図な経済活動こそが種々の社会問題の元凶であり、人びとの幸福を守るにはその適切な管理が不可欠だとされたのです。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。