記事

トヨタ、中国5社と燃料電池システム開発で年内に合弁設立


[東京 5日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は5日、中国における燃料電池車(FCV)の普及に向けて、現地メーカー5社と燃料電池システムを開発する合弁会社を年内に北京市内で設立すると発表した。総投資額は約50億1900万円。トヨタが開発する商用車を中心としたFCVなどへの搭載を想定し、共同でFCV普及の基盤づくりに取り組む。

新たに設立する会社名は「連合燃料電池システム研究開発(北京)有限会社」で、新会社にはトヨタのほか、燃料電池システムメーカーの北京億華通科技(以下、億華通)、完成車メーカーの中国第一汽車[SASACJ.UL]、東風汽車<0489.HK>、広州汽車<601238.SS>、北京汽車[BEJINS.UL]の計5社が参加する。出資比率はトヨタが65%、億華通が15%、残りの4社が5%ずつとなっている。

新会社の代表には、董事長にトヨタ自動車投資有限会社の董長征氏、総経理に同社の秋田隆氏が就任する予定。従業員は約50人で立ち上げ、2023年までに段階的に約100人にまで増やす計画。

(白木真紀)

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  6. 6

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  8. 8

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  10. 10

    専門家会議 廃止をめぐり疑念も

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。