記事

「コロナで世界は変わった」のか?

1/2

「アフターコロナ」「ニューノーマル2.0」「新しい生活様式」などといった類いの言葉が象徴するように、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大以後の世界のあり方をめぐって、「すっかり変わってしまった」とする言説が飛び交っている。著名なひとも、ふつうのひとも、いまや誰も彼もが競うように、「コロナで世界はすっかり変わってしまった」と語りたがっているようにさえ見える。これらをまとめて本稿では「アフターコロナ言説」とよぶ。

たしかに、世界は不可逆的に変わってしまったように見えなくもない。すべての映画館やライブハウスが閉館させられたり、交通機関・飲食・宿泊などの需要が蒸発してしまったり、医療現場が崩壊の危機に瀕したりと、これまで考えもしなかったような事態がつぎつぎと起きた。政府が旗を振っても企業は重い腰をあげようとしなかったリモートワークも、ある程度現実のものとなった。——こんな調子で、例はいくらでも挙げることができる。

しかし、これらはいずれも表層的な事象だ。構造的には現在も、「コロナ」の以前と比べて大きく変容してはいない。というより、ほとんど何も変わっていないだろう。少なくとも、いまのところは。

格差も、差別も、分断も、グローバリズムも、大衆迎合主義の繁茂も、コロナをめぐる状況が抜き差しならなくなってから初めて突如現出したわけではない。SNSにあふれる罵詈雑言も、リモートでのやりとりも、為政者たちの無能や強権志向も、以前から見られたことだ。一人あるいは家族とともに自宅で過ごす時間の大切さだって、同様だ。いずれも、「コロナ以前」からすでに存在していたし、ぼくたち自身も、はっきり意識するにせよそうでないにせよ、どこかでそれをわかっていたことだ。ただ、なるべく気づかないようなふりをしてきただけだった。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    台湾載せぬWHO 外務省は別途対応

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。