記事

夜の世界で働く女性はいくら稼ぐのか?裏職業のお金の事情!

画像を見る

女性の仕事というものは数多くあります。バイトなどを探す上でも時給が大きな指標となってきますが、夜の女性の仕事の時給を意外と知らないものです。お水の業界など、あまり表に出てこない職業の給料事情とは一体どんなものでしょうか。今回はホステス、キャバ嬢、AV女優の3つの職業に関してご紹介します。

ホステス

一見、華やかな職業に見える銀座のクラブのホステスさん。彼女たちは日給がおよそ3~5万円。月収として考えると、20日間働いて、60万円から100万円に及びます。年収として考えるなら720万円から多い人には1,200万円にまで及びます。また、中にはマージンがプラスされる売り上げホステスさんは、ナンバー1にもなれば年収3,000~4,000万円にもなります。

キャバ嬢

ドラマや書籍などでも取り上げられることの多いキャバクラ嬢。彼女たちは、時給3500円くらいが相場です。夜の6時間だけ働くとしても、日給は2万1000円になります。ホステスと比べると、雇用がやや不安定になってきます。けれども、キャバ嬢として人気が出てくると銀座のクラブに引き抜かれたりすることもあります。

AV女優

もっとディープな世界がセクシー女優の給料。アダルトビデオの女優は、1回のビデオ出演料で80~100万円だと言われています。拘束されるのが2日程度であるため、時給換算すると2万円弱から3万円強にもなります。また、ギャラとは別に芸能プロダクションと専属契約していると、更に高くなります。こうして考えると、時給だけなら最も高い職業と言えます。

リンク先を見る

男性なら稼げないような高額時給もちらほら。もちろん時給だけが職業を選ぶ基準ではありませんし、長い間は出来ないような職業なので、総合的に考えて職業を選ぶようにしたいですね。

「「夜のオンナ」はいくら稼ぐか?(門倉 貴史)」の詳細を調べる

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。