記事

来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か?

1/2

今週月曜日の1~3月期法人企業統計をはじめとして、ほぼ必要な統計が出そろって、6月8日に1~3月期GDP速報2次QEが内閣府より公表される予定で、すでに、シンクタンクなどによる2次QE予想が出そろっています。

いつもの通り、顧客向けのニューズレターなどのクローズな形で届くものは別にして、web 上でオープンに公開されているリポートに限って取りまとめると下の表の通りです。ヘッドラインの欄は私の趣味でリポートから特徴的な文言を選択しています。可能な範囲で、足元から先行きの景気動向について重視して拾おうとしていて、今回は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響が、1~3月期を大きく上回って、おそらく最大となるであろう足元の4~6月期に注目が集まっています。

特に、外出自粛の影響をもっとも強く受ける消費に着目しています。ただ、2次QEですので、法人企業統計のオマケの扱いのリポートもいっぱいあります。

いずれにせよ、詳細な情報にご興味ある向きは一番左の列の機関名にリンクを張ってありますから、リンクが切れていなければ、pdf 形式のリポートが別タブで開いたり、ダウンロード出来たりすると思います。"pdf" が何のことか分からない人は諦めるしかないんですが、もしも、このブログの管理人を信頼しているんであれば、あくまで自己責任でクリックしてみましょう。本人が知らないうちにAcrobat Reader がインストールしてあってリポートが読めるかもしれません。

機関名実質GDP成長率
(前期比年率)
ヘッドライン
内閣府1次QE~25B2;0.9%
(~25B2;3.4%)
n.a.
日本総研~25B2;0.5%
(~25B2;2.1%)
1~3月期の実質GDP(2次QE)は、設備投資がプラスに転じるほか、民間在庫、公共投資も上方修正となる一方、個人消費は下方修正となる見込み。その結果、成長率は前期比年率~25B2;2.1%(前期比~25B2;0.5%)と、1次QE(前期比年率~25B2;3.4%、前期比~25B2;0.9%)から上方修正される見込み。
大和総研~25B2;0.6%
(~25B2;2.4%)
1-3月期GDP二次速報(6月8日公表予定)では、実質GDP成長率が前期比年率~25B2;2.4%と、一次速報(同~25B2;3.4%)から上方修正されると予想する。
みずほ総研~25B2;0.5%
(~25B2;2.1%)
消費活動や生産活動に対する新型コロナウイルスの影響が本格化する4~6月期の実質GDPは、さらに大きく落ち込む見通しだ。
国内では4月7日に7都府県を対象に緊急事態宣言が出され、外出自粛の要請に加え、娯楽施設などを対象に休業要請がなされた。4月16日に緊急事態宣言の対象は全国に拡大され、5月4日には緊急事態宣言が5月末まで延長された。その後、段階的に緊急事態宣言が解除され、5月25日に全国で解除がなされるに至ったものの、解除後も感染拡大第2波への懸念がある中では消費活動の急速な回復は見込みがたい。外食、娯楽、宿泊・旅行向け支出が大幅に減少している(JCB/ナウキャスト「JCB消費NOW」によれば、4月後半は1月後半比で70~90%減)ほか、自動車販売も4月以降は落ち込んでいる。4~6月期の個人消費が1~3月期を超える大幅なマイナスとなることは避けられないだろう。
ニッセイ基礎研~25B2;0.5%
(~25B2;2.0%)
6/8公表予定の20年1-3月期GDP2次速報では、実質GDPが前期比~25B2;0.5%(前期比年率~25B2;2.0%)になり、1次速報の前期比~25B2;0.9%(前期比年率~25B2;3.4%)から上方修正されると予測する。
第一生命経済研~25B2;0.5%
(~25B2;2.1%)
上方修正が予想されるとはいえ、19年10-12月期の大幅マイナス成長(前期比年率~25B2;7.3%)の後であるにもかかわらず2四半期連続でのマイナス成長という姿は変わらない。景気が極めて厳しい状況に置かれているという認識を変える必要はない。また、現在公表されている4月分の経済指標は、緊急事態宣言発令の影響もあって軒並み急激な悪化となっている。4-6月期の景気が記録的な落ち込みになるとの見方も変える必要はないだろう。
伊藤忠総研~25B2;0.5%
(~25B2;1.8%)
設備投資は前期比プラスに上方修正されるものの、前の期(10~12月期)に大幅に減少した反動の範囲であり、先行指標の弱さや4月以降の景気の落ち込み加速を踏まえると再び減少に転じる可能性が高いため、設備投資が調整局面に入っているという見方を変える必要はないだろう。
そして、1~3月期はコロナ感染拡大の影響を受けた輸出や個人消費の落ち込みによりGDP成長率が2四半期連続のマイナスとなり、続く4~6月期には一段と大幅なマイナス成長が見込まれることにも変わりはない。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング~25B2;0.6%
(~25B2;2.5%)
6月8日に内閣府から公表される2020年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比-0.6%(年率換算-2.5%)と1次速報値の同-0.9%(同-3.4%)から上方修正される見込みである。もっとも、修正幅はそれ程大きくはなく、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、個人消費を中心に景気は年度末にかけて急速に悪化したとの判断が修正されることはない。
三菱総研~25B2;0.6%
(~25B2;2.4%)
2020年1-3月期のGDPの減少幅は縮小する見込みだが、2015年10-12月期以来の2期連続のマイナス成長であるほか、2020年4-6月期は前期比年率で20%を超える落ち込みが予想され、日本経済が厳しい状況であることに変わりない。

あわせて読みたい

「GDP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  6. 6

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  9. 9

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。