記事

雅子さま、前例踏襲主義の宮内庁の「ガラスの天井」破る時

1/2

雅子さまが皇太子妃時代に「お慎み」をされていたことは公にされていない(撮影/JMPA)

雅子さまが養蚕に取り組まれる写真が公開されたのは初(写真提供/宮内庁、5月29日)

 令和の皇后として、雅子さま(56才)は自身の在り方を模索され、活躍を続けてこられた。しかし、そのご活躍の陰には常に「平成の前例」という大きな壁が立ちふさがっていた──。

【写真】宮内庁が公開した、養蚕に取り組まれる皇后雅子さまのお写真

 青々とした桑の葉を一枚一枚丁寧に置かれると、その葉を元気よく食んでいく蚕を、目を細めて見つめられた。体長9cm近くに成長した蚕の国産種「小石丸」が約800頭。雅子さまはその食欲に思わず、「全部食べてしまうのに、どれくらいかかるのですか」と担当者に尋ねられたという。

 雅子さまが5月29日、皇居内の紅葉山御養蚕所で、蚕にエサの桑の葉を与える「ご給桑」に臨まれた。そのときの様子を収めた写真と映像が、宮内庁より公開された。

 美智子さま(85才)より受け継がれた養蚕に、雅子さまが取り組まれる様子が公開されたのは、今回が初めてのこと。ただ、その公開のタイミングについて、こんな声が聞かれた。

「なぜ11日に行われた『御養蚕始の儀』では公開されなかったのでしょうか。昨年は御代がわりの関連行事で忙しく、養蚕の作業をされる機会がありませんでした。今年、初めて雅子さまが養蚕に臨まれたのが11日の御養蚕始。記念すべき皇后としての初作業だったからこそ、世間の注目も相当集まっていました」(皇室ジャーナリスト)

 雅子さまは皇太子妃時代、美智子さまが紅葉山に足繁く通われても、そこに一緒に参加されることは少なかった。それをもって「雅子さまは虫嫌いなのではないか」という指摘がされることもあった。それだけに、雅子さまが皇后として初めて養蚕に向かわれることに関心が集まったのだ。

「しかし、宮内庁は『前例がない』という理由で、御養蚕始で記者が写真を撮ったり、取材をしたりすることをためらったのです。たしかに、美智子さまが養蚕をされていたときも、御養蚕始の様子が公開されたのは記憶になく、その後の作業のみが公開されました。結果、雅子さまも初めてのご養蚕ではなく、2度目のご給桑作業の様子だけが公開された。少なからず注目度が下がったことは残念です」(前出・皇室ジャーナリスト)

皇太子妃時代は隠されていた「御所での祈り」

 御代がわりから約1年、天皇皇后両陛下は新しい「令和流」のスタイルを模索されてきた。特に、雅子さまが元外交官としてのご経験を生かして活躍されるお姿は、「令和の新しい皇后像」として国内外で大きな注目を浴びた。

「しかしその一方で、“もっと雅子さまのご活動の内容が広く伝わればいいのに”と思う場面が多数ありました。快復基調とはいえ、たしかにまだ雅子さまは病気療養中でいらっしゃるので、遠慮をされていることもあるのかもしれません。ただ、しっかり活動されていることは堂々と広報すればいいはずです。宮内庁側が『前例がない』という理由で情報公開や取材を避けることが多かったように感じられるのは悔やまれます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 たとえば御所での「お慎み」(黙祷)もその一例だろう。

 雅子さまは皇太子妃時代、外国生活が長かったことから「霊的な行事である宮中祭祀に理解がない」と指摘されることがあった。実際、療養に入られてからは長らく祭祀に出席されていなかった。

 しかし、皇太子妃時代も、天皇陛下が皇居で祭祀に出席され、雅子さまが東宮御所に残られているときでも、雅子さまは決して何もされていなかったわけではない。

「そうしたとき、雅子さまは必ずおひとりで『お慎み』や『ご遙拝』をされていた」

 そう宮内庁関係者は述懐する。

 沖縄戦終結の日や終戦記念日、広島・長崎の原爆投下日といった日には、愛子さまと一緒に黙祷を捧げてこられた。

「お慎みやご遙拝という言葉は知られていますが、実際には、御所のどこで、どのようなことをされているのかは、一切明らかにされない“秘儀”とされています。ただ、それなりに精神的にも肉体的にも緊張が伴う儀式であることは、間違いありません。雅子さまがそれらに取り組まれてきたことを、宮内庁は公式に明らかにはしてきませんでした」(皇室記者)

 それだけに、一部には「皇太子さまが祭祀に臨まれているのに、雅子さまは御所で何もされていない」と誤解に基づく批判が長らく続いてきた。

「昨年、雅子さまが皇后になられた後は『お慎み』なども宮内庁が公式にホームページに発表するようになりました。もしもっと早く公開していれば、誤解は生じなかったはずで、雅子さまももどかしい思いをせずに済んだのではないでしょうか。

 平成時代には、美智子さまが頸椎を痛められ祭祀の出席が減った頃から『お慎み』をされていたことを公表するようになりました。その頃に『皇后のお慎みは公表、皇太子妃のお慎みは非公表』と、宮内庁内の“ルール”ができたのかもしれません」(前出・皇室記者)

「前例踏襲」にこだわったことによって、結局、雅子さまが取り組まれてきたことが、国民に伝わりづらくなっていたということだろう。

 時代の変化に伴い「皇室のSNS利用」を求める声もあり、「天皇陛下も前向きに考えられているようだ」(前出・宮内庁関係者)という。

 皇室との親交が深い英王室では、すでに王室公式のアカウントが作られ、王室と国民をつないでいる。新型コロナウイルスに苦しむ国民を励ますエリザベス女王の音声メッセージは王室のツイッターで公表され、多くの英国民を勇気づけた。 

 いまのところ、日本の皇室ではSNSは利用されていない。「前例にない」ことが、実現を妨げる理由の1つでもあるだろう。

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  3. 3

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  4. 4

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  8. 8

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ハーバード講座示す興味深い日本

    ktdisk

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。