記事

【ウォルマート】、異例のバーチャル株主総会!店内感染で従業員22人が亡くなっていた?


■毎年、アーカンソー州フェーエットビルにあるアーカンソー大学のアリーナで年次株主総会を行うウォルマートは3日、オンラインによる異例のバーチャル年次総会を行った。

第50回となるウォルマート年次総会では新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受け、1万人以上の株主を集める総会をバーチャルに変更した前代未聞のスタートとなったのだ。

第50回株主総会(50th Shareholders Meeting)は、ウォルマート取締役前会長ロブソン・ウォルトン氏の義理の息子であり、ウォルマート創設者サムウォルトン氏の義理の孫である現会長のグレッグペナー氏が「明らかに異常な状況化での総会」と言明した上で数時間に及ぶ会議を開始した。

ウォルマートCEOを2014年2月から務めるダグ・マクミラン氏もパンデミックの話題に触れ国内従業員数150万人中、27万人がコロナの影響で休職などで職を離れたことを明かした。これらの穴埋めのため、ウォルマートは30万人以上を臨時採用をしているという。

またマクミラン氏はウォルマートでは現在、31州にあるスーパーセンター等の駐車場187ヶ所で新型コロナウイルス感染を判定するドライブスルー方式の検査所を開設していることを明かした。

同氏からは外出禁止令によりネットスーパーで買い物する人が増えていることについても長期にわたって定着すると指摘した。

一方、勤続年数19年になるウォルマート従業員で株主でもあるシンシア・マリー氏からは、店内感染した従業員のうち22人が亡くなっていることが明かされた。これについてウォルマート側は確認していない。

国内では10万人以上が新型コロナウイルスに感染して亡くなっているため、ウォルマート従業員も相当数、亡くなった人がいると思われる。

 ウォルマートが先月19日に発表した第1四半期(2月~4月期)決算は、未曾有のパンデミックの影響による外出禁止令で米国のライフライン(生命線)としての強さを見せつけた。

会員費等を含む総売上高は前年同期比8.6%増となる1,346.2億ドル。純利益は前年同期から3.9%の増加となる39.9億ドルだった。

ウォルマートは宅配サービスなどのネットスーパー拡大に伴い、3月中旬以降に23.5万人を新規に採用。店舗消毒や感染防止策、さらに2度にわたる従業員への臨時ボーナス(計7.55億ドル)もかさみ、新型コロナウイルス関連費用として9億ドルを計上した。

 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高887億ドルと前年同期比8.4%の増加だった。

ウォルマートUSの既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は前代未聞の二桁増となる10%の増加となった。

新型コロナウイルスの影響で生鮮食品などの食品にトイレットペーパーなどの生活必需品、さらにはヘルス&ウェルネス商品の売れ行きも好調だった。これにより2014年8月~10月期から23四半期連続で前年を上回っている。

内訳は客数が5年ぶりにマイナスとなる5.6%の減少。逆に客単価は16.5%の増加だ。自宅待機で買い物などの外出を控えながらも、ショッピング時は食品や生活必需品を買いだめしていたことが浮き彫りになった。

Eコマース売上高は前年同期(37%増)の2倍となる74%の増加だった。パンデミックに伴う需要の増加をにらみ宅配サービスなどネットスーパーを強化したことが奏功した。

ウォルマートは注文から2時間以内に宅配する「エクスプレス・デリバリー(Express Delivery)」も4月から拡大中で新規客の獲得にもつながっているという。なお第1四半期決算発表時点での宅配サービス対応店は1,600店以上、カーブサイド・ピックアップについては3,000店以上になっている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。市場調査や消費者動向に関するデータや統計を提供する世界最大級のプラットフォーム「スタティスタ(Statista)」によると6月4日現在、新型コロナウイルス感染による死亡者数はアメリカ国内で10.7万人です。100万人当たりの死亡者数は327.12人となります。

高齢者や低所得者向けの公的医療制度を運営する政府系メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)は、高齢者の介護施設における死者数は全体の4分の1を占めるとしています。

ざっくりいって100万人当たり約250人(327人の75%)ということでしょうか。異例となったウォルマート・バーチャル株主総会で質問者からは「店内感染した従業員のうち22人が亡くなっています(these 22 people who worked at Walmart have died)」と出ていました。

だとすると国内従業員数が150万人となるウォルマート従業員の店内感染による死亡者数が22人というのは(割合で考えると)かなり低いと思います。個人ベースで考えると一人でも従業員を亡くしたくはありません...

 ウォルマートはいまのところ認めていませんが、いずれこういった悲しい数字も明らかにされるのでしょう。

あわせて読みたい

「ウォルマート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  6. 6

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  7. 7

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。