記事

トランプ米大統領、選対顧問らと会合 景気低迷やデモが再選に影


[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、11月の大統領選に向けて選対陣営のアドバイザーらと会合した。新型コロナウイルス流行を受けた景気低迷や全米で激化する黒人男性暴行死に対する抗議デモが再選に影を落としている。

関係筋によると、トランプ大統領はホワイトハウスで、パースケール選対本部長のほか、メドウズ大統領首席補佐官、娘婿のクシュナー大統領上級顧問らと会合した。

これとは別に、選対陣営や共和党全国委員会からより多くの関係者が参加した会合も行われ、トランプ大統領は民主党の候補指名が確実となったバイデン前副大統領に対する攻撃戦略について議論したという。

関係筋の一人によると、トランプ大統領は一連の問題への対応で苦闘する中、苛立ちを募らせている。

黒人男性の暴行死を受けた抗議デモへの対応では、「法と秩序」を前面に打ち出している。男性の死を「大きな悲劇」とし、平和的なデモ参加者の権利を尊重するとしているものの、人種問題の改善に向けた方向性や共感を示していないとの批判を浴びている。

選対関係者によると、トランプ氏は会合で、アフリカ系米国人社会との対話を深めることに意欲を示したという。

最近の世論調査では、バイデン氏の支持率が全米および複数の激戦州でリードしている。

ただトランプ氏のアドバイザーは、2018年の中間選挙以降に行われた特別選挙で大統領が支持した64人の共和党候補が全員勝利したことを根拠に、同氏の支持基盤は強固とみている。

トランプ大統領は3日のFOXニュース・ラジオのインタビューで「私がリードしている世論調査もある」と語り、バイデン氏優位を示す調査を重視しない姿勢を示した。

*内容を追加しました

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。