記事

キッズライン社、自社サービスでの男児わいせつ事件を受けて男性シッターの利用を一時停止

1/2
 ベビーシッターの仲介大手キッズライン社が、自社サービスに登録をした男性による男児わいせつ事件を受けて、今日キッズライン社に登録している男性シッター全員に対して「利用の一時停止」を含む措置を発表したようです。

シッターが預かり中の「わいせつ容疑で逮捕」の衝撃、キッズラインの説明責任を問う|BUSINESS INSIDER https://www.businessinsider.jp/post-214061
【男児強制わいせつ勃発「キッズライン」で見える、 自宅で子どもを任せられる他人の線引き問題】 | BEST T!MESコラム https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/497703/

 自社でもリリースを出していましたが、この対応しかキッズライン社にできなかった理由は明白で、いままでフリーエントリーに近いシッター登録を希望者に行わせ、シッターの能力や資質について質的補償など一切できない状況のままサービスの拡大にのみ走ってきたことが大きな理由ではないかと思います。

【重要】弊社の取り組みに関して- キッズライン https://kidsline.me/contents/news_detail/605

 つまりは、ちゃんとシッターとして活動できる男性たちも、いままで未経験で仕事の代わりになればととりあえずシッター登録してみた人たちも、一緒くたになってキッズライン社のシッター候補としてマッチング対象になっていたわけです。そして、わいせつ事件が勃発し、それも一件や二件ではなさそうだ、他のシッターにもわいせつ事件があったかもしれない、という話になると、いまさらシッターの質を把握しようにもキッズライン社はそういう情報を持っていなかった、ということに他ならないでしょう。

 もちろん、中野まどかさんの記事にもある通り、仮に登録者に犯罪歴のある人が紛れ込んでいたとしても、これを業者の側が照会して弾くことは困難で、また、性犯罪者になってしまった男性が初犯であったならば犯罪歴がそもそもなくトラックできません。業者側にとってはできないことだらけである一方、そういうサービスを受ける一般家庭とそこに住むお子さんが被害者になり得る以上、そういうリスクがあることを利用者に周知したところで救いにはなりません。結局、業者側がしっかりとシッターの能力や資質をチェックし、手間と費用をきちんとかけてシッターを一人ひとりトレーニングをしなければなりません。

[引用]
利用者同士で起こった紛争には法的責任を負わない(キッズライン利用規約:2020年5月17日確認)としているものの、経沢(香保子)社長は「(キッズラインは)面接と研修をしている」と、匿名掲示板との違いをアピールしており、今回そのような形で一定の質の担保がされているはずのキッズラインで事件が起こったことで、ニュースを知った親たちには衝撃が走った。
--ここまで--

あわせて読みたい

「キッズライン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。