記事

就職氷河期世代の私が「9月入学」に反対した理由

1/2

21年度からの9月入学導入が見送られることになった。小学校1年生と年長の年子の親であるわたしは、そのニュースを観て胸を撫でおろした。わたしは就職氷河期世代のど真ん中の人間である。あの地獄を肌感覚で体験した人間だからこそ、この議論が続く中、不安のあまり9月入学の情報りを追ってしまっていた。自分の子どもたちの学年の人数が場合によっては1.4倍になってしまい、受験や就職において不利になる可能性があったからだ。氷河期世代を生み出したことへの反省もないままに、日本社会が再び新たな氷河期世代を生み出すことは、絶対にあってはならない。(弦巻 星之介)

わたしたちが二十代だったとき、若年層の完全失業率が大幅に上昇して異常値を示した(2003年の11.6%がピーク)。1994 年からの約10年間で、当時の若年層に占める非正規労働者の割合は22.2% から47.7%にまで上昇し、他の世代と比べて大企業に勤める割合は今でも非常に少ない(いずれも総務省統計局の調査)。

当時はまだパワハラやセクハラに対する意識が低かった。面接では「落とす」ための圧迫面接という手法が広く用いられたため、精神を病む学生も多かった。就業してからも、今では法律で禁じられているサービス残業や過剰労働で安い労働力として使い倒された。

そして何よりも不幸だったのは、わたしたちの世代は長らくそのことを自分たちの業だと考えてきたことだ。原因が社会の側にあることに気づかず、思い通りに出来ないのは我慢が出来ない自分たちが悪いのだと信じ込まされ、自分たちを責めて来た。

わたしたちの人間性はやたらと「勝ち」か「負け」かで語られるようになった。世代の中で競わされ、分断され、親世代を始めとする上の世代からは「それは甘えだ」と斬り捨てられた。高度成長期の発展を自分たちの手柄故だと考える上の世代には、当時の若者たちの苦しみがわからなかったのである。

あわせて読みたい

「秋入学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。