記事

ヘリコプターマネーを信じる不思議

ヘリコプターで上空から農薬を散布するように、お金を国民の間にバラ撒いてやれば、それが消費につながって経済活動は活発化する。

そういった考え方が、じわじわと広がってきている。 生活困窮者に最低限の生活保障をする制度は、前々からある。

それをもっと大々的かつ広範囲にやって、経済活動を高めろというのが、ヘリコプターマネーの考え方である。

とにかく、お金を大量にバラ撒いてやる。 そうすれば、国民の間で消費マインドが高まり、経済活動を活性化させられると彼らはいう。

表面的には、その通りだろう。 ただ、本当に消費にまわるのかは、別の問題となってくる。

もしかしたら、将来への備えとして預貯金に収まってしまかもしれない。 そうなったら、なんの経済効果をもたらさない。

とりわけ、日本ではその恐れが多分にある。 現に、バブル崩壊後30年で、個人の現金・預貯金残高は500兆円以上も膨れ上がった。

将来が不安ということだったが、もし消費に向かっていたならば、それだけでも単純計算ながら日本経済は3.2%の成長を続けられたはず。

それ以上に、もっと根本的な問題がある。 お金をバラ撒けと気楽にいうが、そのお金は一体どこから来るのか?

もちろん、国がバラ撒く。 国庫に潤沢に溜め込んである資金を放出するならまだしも、国債などを発行してとなると問題である。

国の借金を増やしながら、それを国民にバラ撒いてやれば消費も高まると期待するのは、甘い考えにすぎる。

ヘリコプターマネーの信奉者は、消費が高まれば経済活動が活発化し税収も増えるから、バラ撒いたお金は国庫に回収できるという。

それに対し、庶民感覚的には国の借金のさらなる増加は、一層のツケが回ってくるという危惧を抱かせる。 気楽に消費拡大というわけにはいかない。

そもそもからして、タダでもらったお金をつかえば、経済は拡大し皆が豊かになれるなんて、マネー信奉者の論理にすぎない。

そんなこと言っていたら、誰もまじめに働かなくなる。 遊んでいてお金がもらえ、それでもって暮らしが成り立ち、将来の心配もない理想郷なんて、誰も信じない。

信じないどころか、そこに潜む落とし穴に対する、本能的な警戒感が高まるだけだ。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  10. 10

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。