記事

「まずいな、と思いました」30年寄り添った日本人が語る「慰安婦問題」の真実「挺対協」”嫌韓”を作った組織の30年 #1 - 赤石 晋一郎

1/2

「慰安婦を利用した。私を裏切って、国民を裏切って、全世界の人々を裏切ってだました」

【画像】慰安婦「第1号」とされる金学順氏

 こう挺対協(現・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」)の不実について告発した元慰安婦李容洙(イ・ヨンス)氏の記者会見によって韓国社会は大揺れに揺れている。

 韓国メディアでは連日、挺対協と、元代表で先の韓国総選挙で国会議員となった尹美香(ユン・ミヒャン)氏の疑惑が報じられた。この内部分裂が意味するところは、慰安婦問題が“偽物の人権”を掲げる団体に長らく支配されていたということだ。


尹美香氏 ©︎時事通信社

 挺対協の罪は大きい。時にウソの理屈を振りかざし韓国人の中にある反日感情を刺激し、不条理な発言を繰り返すことで日本人の中に“嫌韓”という意識を根付かせた。

 はたして挺対協とはいかなる組織なのか。

 彼女らの実態をよく知る日本人がいる。

 その女性の名前は臼杵敬子氏という。ライターとして女性問題に関心を深く持っていた臼杵氏の人生は、1990年に韓国太平洋戦争犠牲者遺族会の被害者たちと出会って一変する。臼杵氏はその後の半生を、遺族会を支援するための活動に費やした。90年代から議論が始まった日韓歴史問題を、最も間近で見つめてきた日本人の一人であるともいえよう。

 臼杵氏は支援活動のなかで多くの元慰安婦との交流を持ち、2007~2017年春までは、元慰安婦を巡回し福祉支援を行うという外務省フォローアップ事業の民間担当者としても尽力してきた。

 ある意味では韓国人より元慰安婦に寄り添ってきた女性である臼杵氏の、最大の障壁となったのが挺対協だったーー。

 本連載では臼杵氏が見た、なぜ慰安婦問題が歪んでしまったのか、その真実について回想してもらう。そして挺対協とはどのような組織だったのかを、当事者として批評してもらおうと考えている。(連載1回目/#2に続く)

名乗り出た第1号と言われている金学順さん

「私の青春を返して欲しい」

 1991年12月6日、東京地裁での記者会見で金学順さんは涙ながらにこう語りました。この言葉と共に、慰安婦問題のニュースは世界を駆け巡りました。

 慰安婦と名乗り出た第1号は、金学順さんと言われています。でも、後述しますが私にとっては、その前にも元慰安婦だと名乗り出た女性はいたので、第1号という感覚はありませんでした。

 私が金学順さんと出会ったのは91年11月25日のことでした。

 私たちは「日本の戦後責任をハッキリさせる会(通称・ハッキリ会)」を結成して、韓国人の戦争被害者で作られた太平洋戦争犠牲者遺族会を支援する活動を行っていました。太平洋戦争犠牲者遺族会は91年12月6日に、東京地裁で日本政府に対して〈戦後補償〉を求める提訴を行いました。その準備の為に、私たちが被害者のヒアリングを行っているなかで出会ったのが金学順さんでした。

 金学順さんは挺対協の調査を受け、91年8月に実名で慰安婦と名乗り出た女性でした。その後、彼女は私たちの活動を知り、太平洋戦争犠牲者遺族会に「裁判をするなら私も原告になりたい」と言ってきたようでした。

裏付けが弱い金学順さんの証言

 私たちのヒアリング作業は、ソウル市光化門近くにあるネジャーホテル(内資ホテル)で行っていました。太平洋戦争犠牲者遺族会の活動を聞きつけた同ホテルのオーナーが無償で部屋を提供してくれ、私たちは同所を拠点として被害実態の調査に明け暮れる日々を過ごしていました。

 金学順さんのヒアリングは、私と裁判で主任弁護士を務めた高木健一氏で行いました。当時の金学順さんは60代後半にしては若く見え、話し方も理路整然としていました。

 金学順さんは私たちに対して「平壌からトラックに乗せられて強制連行され慰安婦にされた」という話をしていました。

 問題が起きたのは提訴直前でした。高木弁護士から私のところに一本の電話が来たのです。

高木「金学順さんの話なんだけど、私たちが聞いた話と他のマスコミに言っている内容が違う。知ってる?」

臼杵「ぜんぜん気が付かなかった。そうなの?」

高木「そうか。もう裁判だし。こちらでなんとかしよう」

 慌てました。報道等を確認すると、金学順さんはキーセン学校に通い、キーセンの養父とともに満州で仕事をしていたというのです。その後、北京に立ち寄ったところで日本軍に捕まり慰安婦にされた、という話が語られていることがわかりました。まずいな、と私は思いました。

 キーセンは日本で言う芸者のことです。キーセンという言葉は、裁判では誤解や偏見を招く可能性があると思ったのです。

 金学順さんが日本軍に連れて行かれたという鉄壁鎮(てっぺきちん)という場所も中国地図から見つけることが出来ませんでした。彼女が慰安婦だった期間も3か月ほどであり短い。

 私は金学順さんの証言では、慰安婦問題を正しい形で提起するためには、裏付けが弱いと感じた。しかし、弁護団の方は、顔を出して肉声で被害を訴えることが出来る人は金学順さんしかいないと、原告とすることを決めたのです。

 私は提訴後、彼女の証言にあやふやなところがあったので「ウソを言ったらダメよ」と言いました。でも金学順さんは「私は間違ったことは言ってない」と頑なでした。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  4. 4

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  8. 8

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  9. 9

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

  10. 10

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。