記事

YouTuberをバカにしていた大学教授が思い知った遠隔授業のハードさ

1/2

大学教師が突然「YouTuber」になるということ

新型コロナの影響で、多くの大学が遠隔授業を余儀なくされた。筆者が勤める長浜バイオ大学でも、3月上旬に遠隔授業の検討が始まり、同月下旬までには、学長主導のもと「すべての授業を遠隔で実施する」ことが決定した。準備には時間がかかったものの、当初の学年歴から2週間の遅れで、4月20日から開始することができた。全国的にみれば、かなり早いスタートが切れたと思う。

遠隔授業が始まってから、すでに2カ月以上が経過した。この間、われわれ教員は、はからずも「YouTuber」としての生活を余儀なくされた。すでに全国で緊急事態が解除されているが、本学では原則として6月いっぱいは、遠隔授業を継続することが決まっている。おそらく他大学も似たようなものだろう。

しかし大学教授がYouTuberになるとは果たしてどういうことか。

遠隔授業の方法は大きく2つ

遠隔授業の方法は、大きく「リアルタイム型」と「オンデマンド型」の2種類に分かれる。

Vlogのための教育ビデオチュートリアルを撮影する教師

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/mixetto

①リアルタイム型

こちらは遠隔会議と同じである。教員も学生たちも、Webカメラで自分の顔を映しながら、授業を進めていく。本学では、教職員の遠隔会議用に、マイクロソフトのteamsが導入されているが、遠隔授業にも利用してよいことになった。しかし実際には、通信環境の制約などから、多人数の授業は難しい。せいぜい数十人までが限界だ。研究室のゼミなどには適しているが、通常の講義には、ほとんど使われていない。

②オンデマンド型

これは「YouTube型」と言い直してもいい。講義動画をサーバーに置いておき、学生たちは自分の都合に合わせて視聴する。ネットワークの制約を受けにくく、学生側が受講しやすいことなどから、本学ではこの方法が標準として採用された。結果的に、全教員がYouTuberとしての生活をスタートさせることになった、というわけだ。

授業を成り立たせるには教育用グループウェアの併用が必須!

ただし動画配信だけでは、授業は成り立たない。対面授業でも、普通は講義資料などを配布するが、遠隔授業では、その重要性が増すことは言うまでもない。また学生が動画を観たかどうかを確認する必要があるし、理解度を試すための小テストやリポートなども必要になる。

本学では、数年前からmanabaという教育用グループウェアを導入し、活用している。出席・資料配布(PDF等)・小テスト・リポート提出・各種連絡・成績集計などの機能がついており、教員・学生全員が使えるようになっている。

動画配信とmanabaを組み合わせることで、従来の授業に近づける工夫がなされた。たとえば動画のなかで、講義の出席コードを提示し、学生たちにそれを入力させることで、動画を閲覧した(講義に出席した)ことにするなどである。

資料配布も小テストなども、すべてmanabaを使って、スムーズに行うことができた。逆に教育用グループウェア無しで、YouTube型遠隔授業を成り立たせるのは、かなり難しいと思う。

講義動画を作るのも命懸け

講義動画の作り方は、主に2通りだ。ひとつは、教員が実際に講義を行い、その様子をビデオ撮影する方法だ。板書も液晶プロジェクターの映像も、比較的きれいに撮れるし、動画作りのための特別な工夫もほとんど要らない。

ただし各教員の自宅にはそういう目的で使えるスペースがない人が多く、外出自粛がかかっているさなか、わざわざ大学に行って撮影する必要があった。それでも危険を冒して、この方法を採用する教員も少なからずいた。

もうひとつは、自宅で、自分のパソコン画面にスライドなどを映しながら講義を行い、それを録画する方法である。そう書くとずいぶん難しそうに感じるかもしれないが、やってみると意外と簡単だ。

筆者はテレビ会議システムのZoomで動画を作っている。Zoomには、パソコン画面の共有機能と録画機能がついている。

まずZoomで会議を立ち上げ、自分のパソコン画面に講義資料を映して共有状態にし、それにウェブカメラで自分の顔を映しながら講義を行う。要するに、参加者が自分だけの会議をやって、それを録画するわけである。

意外と簡単に講義動画が作れるので、この方法を採用する教員が多い。またマイクロソフトのパワーポイントにも録画機能があるので、そちらを利用する教員もいる。

できた動画は、インターネット経由で大学のサーバーにアップする。それを事務職員が授業日程などを確認後、クラウドの動画サーバーにアップして、学生に公開する。

録画した自分の授業の「出来の悪さ」にショックを受ける

動画を作るだけなら、たいした手間は要らない。しかし出来上がった動画は、アップする前に、一度自分で見たくなる。

見れば気になる部分が次々出てくる。自分の授業を録画して見ることなど、いままで一度もなかっただけに、その出来の悪さには、われながらショックを受けるほどだ。

また教員は動画配信サーバーに自由にアクセスできるので、同僚が作った動画を見てしまう。すると、みな自分より上手に見えてしまうのだ。

とくに若手が作る動画の出来がいい。編集ソフトを巧みに利用して、音楽付きのオープニング映像を加えたり、随所にキャプションを入れたりと、さまざまな技を繰り出してくる。自分の顔を映すのでも、カメラアングルを工夫して見栄えをよくしているし、美しいバーチャル背景を貼り付けるなど、視聴者を飽きさせない工夫が随所に見られる。

仕事のためのビデオ会議でデバイス画面の前にいる女性

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/LeoPatrizi

あわせて読みたい

「オンライン授業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  6. 6

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  7. 7

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    社員からフリーへ タニタの試み

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。