記事

木村花さん死去で社会問題に ネットの書き込みに発信者情報開示請求をした結果…… - 諸岡 宏樹

 テラスハウスに出演していた女子プロレスラー・木村花さんの死去を受けて、SNSや匿名での誹謗中傷が問題になっている。ところが、そうした書き込みをした個人を特定したり、損害賠償請求を行うことは、法的にも、費用的にも、非常に難しくなっているのが現状だ。

 個人で発信者情報開示請求をしたらどうなるのか。権利侵害が認められれば、開示されるのか――。筆者はどうしても我慢ならないことがあり、この手続きを自らやってみた。だが、そこにはビクともしないほどの分厚い壁が立ちふさがっていたのだ。

 そんな情報開示請求の顛末をご覧いただこう。


事件取材をライフワークにしている筆者

 きっかけは著書に対するレビューだった。2020年1月、週刊実話で連載した「男と女の性犯罪実録調書」から、女性犯罪者による事件だけを抜き出した『実録 女の性犯罪事件簿』(鉄人文庫)を出版した。

言われなき誹謗中傷

 ところが、発売まもなく30歳の女性から、「無理やり不幸に当てはめたような書き方でなんかうんざりした。できすぎたフィクション小説。文章の書き方に一貫性もない」という書き込みを、読書感想サイトに書かれた。

 書き手にとって、読者レビューにひどいことを書かれるのは日常茶飯事だ。もちろん批評の範疇で批判されることに異議を唱えるつもりはない。ただ事実と異なる、あるいは根拠のないネガティブな評価を流布されるのは「言われなき誹謗中傷」だろう。

 本書は取材に忠実に基づいて執筆したノンフィクションルポであって、フィクション小説ではない。ところが、困ったことに同サイトにはこのレビューしかない状態が1カ月以上も続き、その間、著書名を検索すると、常にこのサイトが上位に顕出したのだ。

《著者です。「できすぎたフィクション小説」という根拠を示してください。発信者開示請求をした上、法的措置を取ります》

 こんな書き込みにも何ら反応はない。

 そこでプロバイダ責任制限法4条1項に基づき、サイトを運営する会社に対し、発信者情報開示請求をすることにした。当該レビューはノンフィクションの作品であるのに、フィクション小説を出版しているかのような誤ったイメージを不特定多数人に公開するものであり、著者の社会的評価を低下させる違法な表現である(名誉権の侵害)。よって、損害賠償請求権の行使のために必要であるから、発信者のメールアドレス、発信者が侵害情報を流通させた際のIPアドレス及びタイムスタンプを開示してほしい旨の文面を同社の公式ホームページのメールアドレスに送った。

回答を待って、10日過ぎても返事が来ない

 すると、さっそく反応があり、「ご連絡いただきました件につきまして、恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいますと幸いです」というメールが返ってきた。

 それで回答を待っていたところ、10日過ぎても返事が来ない。シビレを切らしていたところ、「回答に長らくお時間を頂戴し、申し訳ございません。ご連絡いただきました件につきまして、引き続き担当者より確認を行っており、あらためて折り返しご連絡いたします。お困りのところ大変恐縮ではございますが、返信にはお時間がかかる場合がございますこと何卒ご理解ご了承くださいますと幸いです」というメールが送られてきた。

 だが、苦情を言わずにはいられなかった。

《たかがこれぐらいの調査でえらい時間がかかって、バカ丁寧で小難しいことをおっしゃっていますが、御社は長らくこのような書き込みを垂れ流すことに加担しておいて、私のノンフィクションライターとしての営業損失を補償してくれるのかということなんですよ。別に「本がつまらない」ということに異議は唱えませんが、12年にわたる調査実績を集積した著作に対して、「できすぎたフィクション小説」というのはあまりにも侮辱した書き込みではありませんか?》

 こういう感情論に訴えても、暖簾に腕押しだ。

「ご連絡いただきました件につきまして、回答にお時間を頂戴しており、大変申し訳ございません。担当者により確認を行っており、あらためて折り返しご連絡いたします」

 こんな定型句のようなメールを送ってくるだけである。

書き直して文書で送ってこい、ということ

 さらに1週間経って、もうブチ切れた。そこで、平成22年3月15日最高裁決定の「個人がインターネット上に載せた情報であるからといって、おしなべて閲覧者が信用性の低い情報と受け取るとは限らない。確実な資料、根拠に照らして、相当の理由があると認められるときに限り、名誉毀損罪は成立しないと考えるのが相当であって、より緩やかな要件で同罪の成立を否定すべきものとは解されない」という判例を引き合いに出し、《もう問い合わせから18日ですよ。イタズラに時間稼ぎするのはやめて下さい》というメールを送った。

 すると2日後、「担当者」ではなく、最初に「お客様サポート担当」を名乗っていた者からメールがあり、「発信者情報の開示につきましては、プロバイダ責任制限法発信者開示関係ガイドラインに従い、対応しております。お手数ですが、上記ガイドラインをご確認の上でお手続きくださいますようお願いいたします」というメールと共に、電話帳のような約款をPDFで送ってきた。

 要は書き直して文書で送ってこいと言っているのだ。しかし、それを読んでいるうちに手続き自体がイヤになってしまい、ネットの削除依頼に強い弁護士に相談することにした。

素人では追い払われるのが関の山

 その弁護士の見立てはこうだ。

「おそらくサイト運営者は個人の場合、対応しない。弁護士だと対応するので、とりあえず侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書という書面を送って、削除を呼びかけていくことから始めた方がいい。それなら事務手数料1万円と成功報酬5万円で請け負える」

 結局、弁護士に頼るしかないのか。サイト運営者が「個人は相手にしない」というなら、それは仕方ない。プロバイダ責任制限法では「被害者がネット接続業者などに開示請求できる」とはっきり明示されているのだが、実際は絵に描いた餅なのだ。要するに素人では「権利侵害が明らかではない」という理由で、追い払われるのが関の山なのだろう。

 そこで弁護士に任せることにしたが、弁護士が作った書簡はさすがである。

《本件レビューは本件書籍の内容については、「できすぎたフィクション小説。」との記載の他、一切言及しておらず、その一方で「無理やり不幸に当てはめたような書き方」や「文章の書き方に一貫性もない。」など、本件書籍の内容に何ら関係ない専ら著者の執筆技法についてマイナスの評価を与える表現のみを記載している。さらに、また、本件書籍が現実に起こった事件をもとにしたものであることは、本件書籍内でも明確に記載しているところ、「できすぎたフィクション小説。」という記載は、本件書籍がノンフィクション小説であることを記載したうえで書かれているものであるとはいえ、本件書籍の著者である○○氏(本名)の名誉権を侵害するために意図的に事実と異なる記載をしたものと考えられる。以上を踏まえると、本件レビューは、事実ではない「できすぎたフィクション小説。」という表現によって、本件書籍の著者が、「ノンフィクション小説とうたって、フィクション小説を出版している」との誤ったイメージを不特定多数人に公開するものであり、本件書籍を執筆した○○氏(本名)のノンフィクション作家としての社会的評価を低下させる名誉権を侵害する違法な表現であることは明らかであり、そればかりか、本件レビューは本件書籍に対する単なる感想やレビューといった性質のものではなく、本件書籍を執筆した○○氏(本名)のノンフィクション作家としての社会的評価を低下させることが主たる目的であるといわざるを得ない表現であることが明らかである》

「争う余地はある」が、金と時間がかかる

 これに対し、サイトを運営する会社の顧問弁護士から届いた書簡はこうだ。

《本件レビューは、本件書籍についてXXXX氏(ハンドルネーム)が「無理やり不幸に当てはめたような書き方」との感想を持った旨、そのためXXXX氏は、同書籍がノンフィクション作品であることを前提に、あたかも「できすぎたフィクション小説」のようだと感じた旨、及び「文章の書き方に一貫性もない」と感じた旨を述べるものと解されます。(中略)したがって、貴書簡のご請求に応じることはできません》

 弁護士は「争う余地はある」としながらも、ここからは金と時間がかかると説明する。

「まず、発信者情報開示請求の仮処分をサイト運営会社に対して行う必要があります。この仮処分が認められると、書き込みのIPアドレスからメールアドレスが特定できます。これが着手金20万円+成功報酬20万円です。次にドメインから特定したプロバイダに対して、契約者の名前を開示させるのに着手金20万円+成功報酬20万円、合計80万円かかります。それから訴訟ということになりますが、仮処分が出るだけでも半年かかります」

 これだけの手間がかかっても、「取れるのは100万円ぐらい」が限度らしい。

加害者たちは過度なまでに「表現の自由」に守られている

 果たして、一般庶民に起こせるような訴訟だろうか。どう考えても、加害者特定までの仮処分の費用が邪魔である。それを乗り越えられるのはよほどの金持ちしかいない。この仕組みでは時間、費用、労力がかかりすぎて、多くの被害者が泣き寝入りしてしまう。

 一方、加害者たちは安全圏にいて、過度なまでに「表現の自由」に守られている。その間、書き込まれた中傷はインターネット上に漂流したままである。

 高市早苗総務相はインターネット上の書き込みをした投稿者の特定を容易にし、悪意ある投稿を抑止するための制度改正を検討するとしている。

 発信者の開示手続きを容易にすれば、単なる批評までが非難されてしまうという意見もあるが、これはあくまでも匿名の書き込みが実名化されるだけの手続きにすぎない。名誉毀損などを争う上での前段となるプロセスだ。自分の意見があるなら、実名で堂々とやればいいのであって、こそこそやる必要はない。サイト運営者も含めて、投稿者の責任がきっちりと問われる仕組みづくりが必要だろう。

(諸岡 宏樹)

あわせて読みたい

「表現の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  8. 8

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  9. 9

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    社員からフリーへ タニタの試み

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。