記事

初心者が竹島問題を学ぶ2著

1/3

「我が国固有の領土」とは

 竹島・尖閣諸島についての政府見解で「我が国固有の領土」って出てくるけど、あれってどういう意味だろう。

 「固有」がわかりにくいのな。固有って、領土問題では、その国だけのもの、って意味じゃねーの? 領土がどこかの国のものだなんて当たり前じゃん。

 「大辞泉」とかみると「1 本来持っていること」「2 そのものだけにあること。また、そのさま。特有」ってある。それでもよくわかんねーぞ、と思うわけだが、これを「固有の領土」という言い方の解説としてみてみると、(1)昔からその国の領土だということ、(2)その国にしか属したことがない、とかいう意味かなあ……とぼんやり。


 最初はネット上のサイトをみた。

 ここのサイトをみると、

http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou4.htm


現在、政府の言う「固有の領土」とは「わが国民が父祖伝来の地として受け継いできたもので、いまだかつて一度も外国の領土となったことがない」という意味です。

http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou4.htm


 ふむ、だいたい満たしてるよな。


 実は、政府の見解があるらしい。「固有の領土の定義如何」という鈴木宗男の質問主意書にたいする答弁書(2005年11月4日)が出ているが、次のようになっている。


政府としては、一般的に、一度も他の国の領土となったことがない領土という意味で、「固有の領土」という表現を用いている。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b163039.htm


 「わが国民が父祖伝来の地として受け継いできたもの」という意味は必ずしも入ってないわけね。たしかに、竹島、尖閣諸島、千島はこう議論すると「じゃあ平安時代からそうなの?」とかいうことになると、難しくなっちゃうもんなあ。

 竹島問題でよくモノを言っている、国会図書館出身の東海大学教授・塚本孝が話したことが「講演メモ」としてネット上にアップされている(「竹島領有権紛争の焦点――国際法の見地から」)。

http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima05/rennkeidanntaigyouji.data/tukamoto071017.pdf

 ここでは、「固有の領土」を次のように論じている。


固有の領土というのは、これまで一度も外国の領土であったことがない領土、他国との間でやりとりしたことのない領土という意味である。

http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima05/rennkeidanntaigyouji.data/tukamoto071017.pdf


 塚本は、北方領土にかかわって「固有の領土」をこう述べた。



本州、四国、九州などは、そこに日本という国家が生まれた本来の固有の領土であるが、例えば千島方面の諸島について、ウルップ以北のクリル諸島が1875年の樺太千島交換条約で日本に割譲されたのに対し、歯舞、色丹、国後、択捉の“四島”は、日露両国が1855年に最初の条約を結んだときに日本領土であることが確認されていることから固有の領土であるといわれる。この場合、“四島”が太古から本州、四国、九州と同じ程度に日本の領有権が確立していた地域であるという話ではなく外国から割譲を受けた土地でないという意味で固有の領土といっているのである。竹島も、この意味で固有の領土である。〔強調は引用者〕

http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima05/rennkeidanntaigyouji.data/tukamoto071017.pdf

 日本側が、侵略ではなく平和裏に結ばれた千島樺太交換条約を根拠にして千島全島を自分の領土だと主張するのではなく、1855年の日露和親条約を根拠にして南千島までの返還を要求するのは、「固有の領土」論にもとづいているからだとわかる。


リンク先を見る 竹島(独島)は韓国のものである、という結論に達した内藤正中・金柄烈『史的検証 竹島・独島』(岩波書店)は、「固有領土」論批判を展開している。そのなかに「固有領土論をめぐって」という章立てが出てくる。しかし、「固有領土」とは何か、という説明はそこにはない。この中で展開されているのは、前述の定義づけにかかわっていえば、「昔から日本のものであった」という議論の批判である。

 しかし、「近代になってからであっても、日本が領土にしてから一度も他国のものになったことはない」という日本の外務省がしている定義はここでは批判されていないことになるのである。


 このように「固有の領土である」という言い回し一つをとってみても、それが一体何を意味しているのかは、ぼくらのような一般国民にとっては必ずしも明らかなことではない。



領土問題を初心者が学ぶための2著

 領土問題で初心者が知りたいのは、そういう議論のもとになっているポイントだ。

 いまこの記事を書いている目の前でNHKテレビは「おはよう日本」が「週刊ニュース深読み『竹島・尖閣諸島 みなさんの疑問に答えます』」という特集を流しているが、近代以前の竹島と日本のつながり、領土編入の年表的紹介、サンフランシスコ条約、李承晩ラインを説明しているだけである。おたがいの言い分として紹介されたのは「うちの領土だ」「うちの領土だ」という情報量ゼロの話

 そして「サ条約に竹島のことを書いてあるのか」などと唐突にゲストに聞き出す。

 フリップが出されたが、突如「実効支配」という言葉も出てくる。


 初心者はたとえば「領土ってどうやってきまるの?」という原則の初歩が知りたいのだが、いきなり主張と経過、そして領土をめぐるホンネ(多くは日本以外の「どす黒い野望」)を乱暴にまとめて「わかりやすく」したつもりのものが多い。


 ぼくなんかが疑問に思うのは、竹島の話なんかでよく「江戸時代にこう使ってきたぜ!」とか「うちはもっと早く知ってたぜ!」とかそういう議論があるわけだけど、「知ってた」とか「使った」とかそういうのって領土の根拠になんの? そもそも領土みたいなカッチリ線を引くのは近代以降の話じゃないのか? だとしたら、近代以前にあんまりハッキリした基準もないのに領土とか決められるの? などということだ。

リンク先を見る こういう初歩的なところから教えてくれる文献が、少なくともぼくはなかなか手に入らなかった。

 よかったものを2著作紹介しよう。

 一つは、以前にも紹介した松竹伸幸『これならわかる日本の領土紛争』(大月書店)である。

松竹伸幸『これならわかる日本の領土紛争 国際法と現実政治から学ぶ』 - 紙屋研究所 リンク先を見る

 もう一つはさっき挙げた塚本孝の講演メモ「竹島領有権紛争の焦点――国際法の見地から」である。

http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima05/rennkeidanntaigyouji.data/tukamoto071017.pdf


実効支配とは

 たとえば、松竹は、実効支配という考え方をおそろしく簡単に説明(「〔竹島は〕韓国が警備し、漁業を営むなど、支配権を及ぼしています。これを国際法の用語では、実効支配といいます」p.14)した後、


ある場所がどの国に属するかは、誰がどうやって決めるのでしょうか?(松竹p.16)


から話をおこしていく。住んでいるという基準だけなら瀬戸内海の無人島はどうなるのか、と続ける。


だからといって他の国がしゃしゃり出てくることはない。なぜかというと、夏休みには海水浴に使ったり、日常的には漁業の根拠地となったり、産業廃棄物の捨て場所となったりと、やはり日本人だけが使っているからです。すでに紹介した実効支配という考え方です。(松竹p.16-17)


 まずこういう簡便な基準をたてることで、近代以前の竹島ではその判断が難しいことを次のように書くのである。


一方、竹島には、ずっと長い間、人は住んできませんでした。岩でできた島で、水さえも十分になく、農業はおろか、持続的に生活することすら難しいからです。そういう点では、もともとどちらの国のものかということは、そう簡単には判別できない性格の島なのです。(松竹p.17)



 日韓双方に、近代以前この島にかかわりがあったものの、それが「実効支配」とよべる水準できちんと決められるか、という難しさを書いている。

 基準が明瞭であるがゆえに、判断の結論が不明瞭にならざるをえない――ここに、近代以前の竹島領有論争の難しさがあることを読者はきちんと押さえることができる。松竹のスタンスは、領土紛争というのは、どちらかの言い分が間違い100%ということはほとんどないので、その相手の論拠にいったん深々と身を沈めてみるというものである。そうすることで、「なぜ長年なかなか解決しないのか」――その複雑さを初心者なりに知ろうではないか、ということに腐心している。


あわせて読みたい

「竹島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打めぐり拡散されたデマ

    かさこ

  2. 2

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  3. 3

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  4. 4

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  6. 6

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  8. 8

    邦人逃亡犯はなぜフィリピンへ?

    WEDGE Infinity

  9. 9

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

  10. 10

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。