記事

独サービスPMI改定値、5月は32.6に改善 見通し依然厳しい

[ベルリン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した5月のドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は32.6と、4月の16.2から上昇した。

4月は過去最低を記録していたが、新型コロナウイルスの封鎖措置の緩和が寄与した。速報値の31.4から上方修正された。

5月の総合PMIは32.3で、前月の17.4から上昇。速報値の31.4から上方修正された。

ただ5月の新規受注は急減。減少ペースは4月から鈍化したものの、企業は依然として先行きの見通しは厳しいと指摘している。

IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は「国内経済にはまだかなりの緩みがある。第2・四半期は2桁のマイナス成長となる現実的な可能性がある」と指摘。

「民間部門ではモノとサービスの激しい値下げ競争が起きており、依然としてディスインフレ圧力が大きく迫ってきている。これまでのところコスト削減が値下げを促す要因となっている」と述べた。

旅行・外食・娯楽セクターはロックダウン(都市封鎖)の影響で深刻な打撃を受けた。その後、外食・ホテル・フィットネスクラブや一部の娯楽施設は業務再開を認められたが、エコノミストは、危機前の水準に戻るには時間がかかるとの見方を示している。

スミス氏は「5月はドイツの労働市場でさらに悪いニュースがあった。失業が引き続き増えている。ロックダウンの開始当初、人員削減はサービス業が中心だったが、その後削減ペースはやや鈍化し、今後は製造業の削減ペースがサービス業を上回った」と述べた。

ドイツ政府は今年の経済成長率をマイナス6.3%と予測している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  6. 6

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。