記事

ユーロ圏総合PMI、5月は31.9に改善 回復にはなお時間

[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した5月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は31.9と、4月の13.6から改善したものの、好不況の分かれ目となる50を大幅に下回った。速報値は30.5だった。

4月は1998年半ばの統計開始以降で最低を記録していた。最悪期を脱した兆しは出ているものの、プラス成長の回復にはまだ時間がかかりそうだ。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「今回のPMI統計では、ユーロ圏の不況の規模と範囲が浮き彫りとなった。すべての国で再び事業活動が大幅に縮小した」と指摘。

「このため、第2・四半期のユーロ圏の域内総生産(GDP)は前例のないマイナス成長となり、失業者もユーロ圏史上で最大の増加を記録するだろう」と述べた。

先月のロイター調査では第2・四半期のGDPは11.3%減と予想されている。

雇用指数は37.8と記録的な低水準。4月は統計開始以降で最低の33.4だった。

同氏は「需要の見通しが依然として弱く、先行きに影を落としている。家計支出は高失業率で打撃を受けており、企業支出もバランスシートの修復で低迷している」と指摘。「このため、景気の回復については慎重な見方を維持している」と述べた。

5月のユーロ圏サービス部門PMI改定値は30.5と、4月の12.0から改善したが、50を大幅に下回った。速報値は28.7だった。4月は統計開始以降で最低を記録していた。

サービス業では需要が再び減少。受注残高が急ピッチで減っている。ただ、今後12カ月の見通しについては悲観的な見方が大幅に後退し、企業見通し指数は34.3から47.6に急上昇した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。