記事

第1四半期スイスGDPは前期比-2.6%、貿易やサービス業に打撃

[チューリヒ 3日 ロイター] - スイス経済省経済管理局(SECO)が発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)は、前期比2.6%減少、前年比1.3%減少した。新型コロナウイルスの世界的流行で生産が落ち込んだ。

エコノミストの予想は前期比2.0%減、前年比0.9%減だった。

感染防止のための規制や事業の停止でサービス業が大打撃を受けた。SECOは、歴史的な落ち込みを記録した分野として、貿易(4.4%減)と、3月初め以降の外国人訪問数減少に苦しんでいる宿泊・食品サービス(23.4%減)を挙げた。

航空機の運航停止などを背景に輸送・通信は過去30年で最大の減少。ヘルスケア部門も、一部医療措置の休止で3.9%減と記録的な減少となった。

GDPを下支えしたのは公共部門と金融。金融は対外貿易拡大が恩恵となった。しかし、サービス貿易は減少した。

個人消費は様々な項目で減少。店舗閉鎖の影響で家具や衣料の購入が減少した。

建設や設備への投資が減少し、最終国内需要は2.7%減と数十年ぶりの減少率。

機械、金属、精密機械、時計の製造は輸出市場のまひで打撃を受け、製造業は、2015年のスイスフランショック以来の大幅な落ち込みとなった。

財輸出は、化学や医薬品が好調だった。財輸入は、内需の低迷を受けて減少した。

政府は4月に示した成長率予想は、今年が1975年以来、最悪となるマイナス6.7%、2021年はプラス5.2%。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  5. 5

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    困っている人を見て見ぬふりはトラブル回避の自己防衛?親切が悲劇を招くことも

    諌山裕

    06月14日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。