記事

在香港の米企業、大半が中国の国家安全法に懸念=調査


[香港 3日 ロイター] - 米国商工会議所が3日に公表した調査によると、香港で事業を展開する大半の米企業が中国が計画する「香港国家安全法」の制定を懸念している。

調査は6月1─2日に実施。米国商工会議所の180社(約15%)の会員から回答を得た。それによると、香港国家安全法を「ある程度」懸念しているとの回答は30%、「非常に」懸念しているとの回答は53.3%に上った。

また、60%は事業への影響を予想している。香港国家安全法の施行範囲の曖昧さや香港の自治権低下、人材流出、国際的地位への影響、社会不安、司法制度の独立性などに関する懸念を示している。

約30%は香港から資本や資産、事業を移転させることを検討している。

トランプ米大統領が、香港の優遇措置を撤廃する意向を示したことに関しては、74%が当面様子をみるとしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。