記事

アパレル企業の淘汰と再編進むか コロナショックで益々厳しさを増す業界

1/2

これまでの不況とは異なる事態がアパレル企業を襲う

Getty Images

ついに緊急事態宣言が解除されましたが、コロナショックによるアパレル企業の経営破綻が始まりました。

今回のコロナショックで、一体どうしてアパレル企業が経営破綻することになるのか、簡単におさらいしておきましょう。これまでの不況とはちょっと状況が異なります。

これまでの不況は何かのきっかけで消費者の財布のヒモが固くなったのですが、今回のコロナショックはそれに加えて、百貨店・ファッションビル・郊外ショッピングモールなどの大型商業施設や都心路面店などが軒並み休業してしまったことが特異でした。

通常の不況では、店自体は営業していたのですが、今回のコロナショックでは店舗の多くが休業に追い込まれました。

もちろん、例外もあります。ロードサイドの路面店や地方の路面店は営業を続けていましたから、そういう店を多く展開していたアパレルは、売上高の減少が比較的軽くて済みました。

4月度増収のワークマンや4月度の売上高減少幅が比較的少なかったしまむらなどはその典型でしょう。店を開けていれば、最低でも毎日何千円かの売上高は稼げますから。

一方で、レナウンが民事再生法を申請しました。それに先立ち、メルベイユアッシュという17店舗程を展開するアパレルが破産し、先日は52店舗を展開するハヴァナイストリップというアパレルが破産しました。

また、洋服ではありませんが「ドラゴンベアード」というスニーカーブランドを展開していたチャンスという靴メーカーが民事再生法を申請し経営破綻しました。

これらは一様に「コロナの影響で」と報道されますが、コロナの影響ではありません。コロナの影響は最後の一押し程度です。コロナ以前に経営が悪化していたことが共通しています。

百貨店や商業ビル出店メインの企業は淘汰進むか

レナウンの経営がずっと低迷していた上に、2010年に買収された親会社である中国企業の山東如意科技集団への売掛金53億円が未回収だったため、昨年末に経営の悪化に拍車がかかったことはすでに多くのメディアで報じられています。今回のコロナショックがなくても早晩経営は行き詰っていたと考えられます。

メルベイユアッシュ、ハヴァナイストリップも同様です。

まず、メルベイユアッシュですが合計18店で2020年3月期の売上高は17億円だったとのことなので平均すると1店舗当たりの売上高は1億円弱しかなかったことになります。

地価の安い地方路面店ならこれでも大丈夫だったでしょうが、出店場所は都心の百貨店・ファッションビルだったので家賃や人件費を引くと経営状態は厳しかったことが容易に想像できます。

さらに報道によると、過剰債務を抱えていた上にリーマン・ショック時に発生した為替デリバティブ取引に伴う赤字などで財務が弱体化。近年は金融債務のリスケジュールを受けながら再建に取り組んでいたと伝えられていますので、コロナショックがなくても近々経営は破綻したでしょう。

ハヴァナイストリップも、
報道によると、同社はピーク時の2008年7月期には売上高約41億7,600万円を計上したが、ファストファッションの台頭などの要因から業績不振に陥り、運営店舗は公式サイトの会社概要で記載されている全国66店舗から2020年2月末には52店舗まで減少したという。2019年7月期の売上高はピーク時の約半分に当たる20億2,862万円に落ち込み、3期連続で赤字となるなど厳しい資金繰りが続いていた。金融機関に対して借入金の返済のリスケジュールを要請するなどして再建を目指していた
https://www.fashionsnap.com/article/2020-05-25/haveanicetrip-bankruptcy/

とあります。52店舗もあって売上高が20億円強しかありませんから平均すると1店舗あたり5000万円しか売上高がありません。メルベイユアッシュ以上に経営は苦しかったことでしょう。ですからここもコロナショックがなくても早晩潰れていた可能性が高いといえます。

「ドラゴンベアード」ブランドの靴メーカー、チャンスも同様です。こちらはメーカー色が強いところが異なりますが、背景は同じです。
https://www.fashionsnap.com/article/2020-05-28/chance-out/

帝国データバンクによると2017年8月期は売上高が約11億円を計上するほど成長していたが、近年は他社との競争に苦戦。2019年8月期の売上高は約7億円にまで減少するとともに、赤字を計上して債務超過に転落しており、経営難が続いていた。

とのことでコロナショック以前から経営危機に瀕していたことがわかります。ちなみに仮面ライダーゼロワン、仮面ライダービルド、宇宙戦隊キュウレンジャーなどの特撮番組にも劇中衣装としてスニーカーを提供していました。

今後、さらに多くのアパレル企業、ファッション企業が破綻に追い込まれると考えられます。特にコロナショック以前に経営危機に瀕していた企業で、都心百貨店・商業施設への出店をメインとしていた企業はほとんどが淘汰されてしまうのではないかと考えられます。それは大手、小規模問わずに、です。(前提として、コロナ以前に経営が傾いていたことが必須)

あわせて読みたい

「アパレル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。