記事

米商務省、バナジウム輸入巡り安全保障上の調査開始


[ワシントン 2日 ロイター] - 米商務省は2日、航空宇宙・防衛分野などで使用される金属、バナジウムの輸入について、米国の安全保障を損なうかどうか調査を開始すると発表した。

調査は通商拡大法232条に基づいて行われる。米政権は232条に基づく調査の結果、2018年に鉄鋼とアルミニウムに対し関税を発動している。

商務省によると、AMGバナジウム<AMG.AS>とUSバナジウムが、不当に安価な輸入品や他の生産国における付加価値税制、「中国とロシアの産業政策によるゆがみ」の影響で打撃を受けているとして、調査を要請した。

ロス商務長官は「バナジウムは国防や重要インフラで使用されており、一部の航空宇宙分野でも不可欠となっている」と指摘し、「輸入バナジウムが米国の安全保障を損なうかどうか徹底的かつ公正で透明性のある調査を行う」と表明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。