記事

Apple Music停止。便利なストリーミングサービスを止めることが"文化”になる。

本日6月2日、Apple Musicのストリーミングサービスが停止しました。

ニュースでご存知のようにジョージ・フロイド氏暴行死を受けた抗議のためです。 サブスクリプションサービスに契約している私も、以下のように表示され、自分のライブラリ以外の曲は聴けず、 #TheShowMustBePaused に賛同する特別プログラムを聴くことができます。 

ちょうど、A Trive cold QuestやCurits Mayfild、Public Enemyが流れています。

今回のデモに関しては、いろいろな思惑の集団が入ってきて、わかりづらくなっていますが、背景をスピーディに理解しておきたい人は、スパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』でも見てください。(執筆時点で、アマゾンプライム会員なら無料)

[画像をブログで見る]

70年代が背景の映画ですが、現在進行系の問題だということが映画の中でも触れられています。2017年にあったシャーロッツビルの事件も紹介されています。

不便によって、カルチャーになる。

本題です。今回アップルは、ユーザーがお金を出して契約しているサブスクリプションサービスを停止するというビジネスでは考えられない行動をとりました。そこで何が起きたかというと、使えなくなったことに文句を言っているユーザーももちろんいますが、私のように今回の対応に共感するユーザーも出ています。

普段は利便性から使われているサービスに、合理的ではない人間らしい顔が見えた瞬間です。世の中に広く使われていくものは、便利なほうに、人間が怠惰になるほうに進化していき、一方で不便になったものは文化になっていくと言われます。WEBメディアよりも雑誌が文化的なのも、チャットよりも手紙が文化的なのも……。

今回のような不便になる行動を起こすことで、「文化」感が生まれました。ツルッとした顔の見えないサブスクサービスでさえ、あえて不便にするイベントを行ったことで、手触り感も強いメッセージを伝わりました。サービスブランドであっても、ユーザーに不便な体験をともにしてもらうことで、文化となっていく道をアップルが示してくれました。

今回の件を、支持者や音楽ファンはリベラルな人が多いから……といった打算的な活動だと捉える人がいますが、違うと思います。打算的な活動ではなくサービス主体の意思を示すことでブランドが強硬になっていく、文化になっていくのです。

ブランディングに関わる人間にとって、今回のAppleMusicのイベントは体験しておくことを強くおすすめしておきます。ぜひ自分で感じて、考えてみてください。

あわせて読みたい

「Apple Music」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  3. 3

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  4. 4

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  5. 5

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  6. 6

    養老孟司「生死をさまよい、娑婆に戻ってきた」病院嫌いが心筋梗塞になって考えたこと

    PRESIDENT Online

    04月18日 15:46

  7. 7

    日米共同声明 実務ベースで進めていく力が菅内閣にあるのか

    ヒロ

    04月18日 10:27

  8. 8

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  9. 9

    黒人女性を撃った警官の内幕モノにネットの非難轟々

    島田範正

    04月18日 16:09

  10. 10

    韓国、福島原発処理水巡り米に懸念伝達 ケリー米特使は信頼表明

    ロイター

    04月19日 07:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。