記事

院内感染者の陽性が判明しても、アラートは無用じゃないかな

院内感染の拡大を防ぐことが如何に難しいか、ということは分ったが、だからと言って全都にアラートを発動するようなことは止めていただきたい。

今度のアラートは、地域限定、施設限定ということにしていただければ、そんなに混乱はないはずである。

東京都にアラート宣言が発令されたら、近隣県も同じくアラートの対象になってしまうだろうから、ようやく平常に戻りつつある日常が元の外出自粛生活に戻ってしまう。

一旦解除した休業要請を再び発動しても、もう誰も聞かないだろう。

感染経路不明な感染者が次々に現れれば、確かに要警戒だが、院内感染であることが分かれば医療崩壊にまで直結することはないはずである。

専門家の皆さんの冷静な判断を期待している。
よろしく。

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。