記事

完全生分解性の草ストロー、兄弟が輸入販売

1/2

自然由来の完全生分解性の草ストローを輸入販売する兄弟がいる。原料はベトナムで取れる有機の野草を使った。紙ストローと比べて耐久性・耐熱性に優れ、ステンレス製のストローより安いことが特徴のエコストローだ。(オルタナS編集長=池田 真隆)

草ストロー「HAYAMI」を販売する大久保さん

草ストローを販売するのは、東京農業大学国際農業開発学科2年の大久保夏斗さん(19)。今年の4月から販売を始めると、ヴィーガンカフェやオーガニックレストラン、雑貨店など約20店舗に合計1万本販売した。

エコで発展途上国の生産者支援にもなる、20本400円

このストローは自然由来でできており、道端の草木と同じように分解され、自然に還る。使用後は、牧場で飼育している動物の飼料や肥料にすることもできる。そこが「完全生分解性」と名乗る所以だ。

使った草ストローは牧場や農場直営カフェでの飼料や肥料になる

通常、サトウキビやデンプンから作られている生分解性プラスチックストローは、50度以上のコンポスト装置の中に、数週間入れることで分解できるが、このような環境は自然界にはあまり存在しない。

原料の野草(レピロニア)はベトナム・ホーチミン郊外の農村で、有機で作られている。高温・UV殺菌をしており、日本の検査機関による検査も通過している。

現在は合同会社を立ち上げ準備中で、6月中には法人登記が完了する予定だ。供給量を増やし、販売体制を強化する。課題は価格だ。流通している大半がプラスチック製のストローだが、相場は1本0.7円程度だ。一方、草ストローは1本当たり7円と10倍も高い。

ベトナムの農村部で働く生産者の自立支援や環境配慮になることを付加価値として地道な営業を続ける。今後は、大久保さん自身が大学生であることを生かして、「全国の大学の学食に売り込みたい」と言う。

あわせて読みたい

「プラスチックごみ問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  4. 4

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  7. 7

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。