記事

100人に1人という身近な病気 総合失調症を改めて理解する必要性

1/2
Photo from Pixabay

音楽学校教師で産業カウンセラーの手島将彦が、世界の音楽業界を中心にメンタルヘルスや世の中への捉え方を一考する連載「世界の方が狂っている 〜アーティストを通して考える社会とメンタルヘルス〜」。第29回は、総合失調症をテーマに産業カウンセラーの視点から考察する。

2019年9月に亡くなったシンガーソングライター、アウトサイダー・アーティストのダニエル・ジョンストンは、多くのアーティストに影響を与えました。特にカート・コバーンは過去のインタビューの中で彼を「最も偉大なソングライター」と称賛し、1992年のMTV Video Music Awardsの授賞式には、ダニエル・ジョンストン のアルバム『Hi, How Are You』のジャケット写真がプリントされたTシャツで出席したほどでした。

他にベック、ザ・フレーミング・リップス、デス・キャブ・フォー・キューティー等にもカバーされ、アンダーグラウンドでカルト的な人気を得ていた彼ですが、長年に渡って統合失調症と双極性障害に悩まされていました。日本では、お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷さんも、自身が統合失調症であることを公表しています。



統合失調症は、100人に1人が発症するという実はとても身近な病気で、妄想や幻覚、まとまりのない発語、ひどくまとまりのない、または緊張病性の行動(固まったり同じ行動を繰り返したり等)、陰性症状(意欲の欠如、情動表出の減少)などが発生します。ハウス加賀谷さんの場合は、中学生の時に後ろの方から「臭い」という声がするようになり、席が一番後ろで背後に誰もいない時でもその声が後ろから聞こえてきたといいます。

『ボクには世界がこう見えていたー統合失調症闘病記』(小林和彦著・新潮社)には「すれ違う人が皆、僕に殺意を持っているような気がして、『殺さないでください、殺さないでください』と会う人会う人に頼みながら歩いて行った」と、著者の小林和彦さんの、生々しい妄想の実体験が書かれています。

「わたし中学生から統合失調症やってます。」(ともよ著・合同出版)での成重竜一郎医師の解説によると、統合失調症は「脳が感じ過ぎてしまう病気」です。脳は日常的に膨大な情報や思考を処理していますが、通常はそれらの多くは意識されず、必要なものだけを処理します。ところが統合失調症にかかると、原因は不明ですが、このシステムとバランスに不具合が生じ、普段であれば不要だとみなされる情報や思考が意識され、その辻褄を合わせるために脳が勝手に意味づけをしてしまい、幻覚や妄想が生じます。

また、処理しなければならない情報が多すぎる状態が続くと、興奮し過ぎた脳は疲弊し、徐々に機能が低下してきて「集中できない」「活動性が下がる」「感情の表出が乏しくなる」などの症状が出てきてしまいます。

あわせて読みたい

「メンタルヘルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  6. 6

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  9. 9

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  10. 10

    河井夫妻の起訴 自民どう動くか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。