記事

ペッパーフードサービス、新型コロナの影響で個人から20億円の資金を調達

 「いきなり!ステーキ」などを展開する(株)ペッパーフードサービス(TSR企業コード: 292855524、墨田区、東証1部、ペッパーFS)は6月1日、20億円の資金を調達すると発表した。

 借入先は、主要仕入先・株主でもある東証1部の(株)エスフーズ(TSR企業コード:570097827、兵庫県西宮市)の代表取締役の村上真之助氏。借入実行日は6月1日で、返済期日は7月31日を予定し、有担保、無保証。

 ペッパーFSは、ペッパーランチ事業を分割で新設した(株)JP(同所)に承継し6月1日、新会社が運営をスタートした。ペッパーFSが分離したJPの株式を100%保有し、意思決定の迅速化や機動的な事業運営・資金調達を進めていくとしている。

 ペッパーFSの担当者は、新型コロナウイルスの感染拡大で休業した店舗の再開について、「緊急事態宣言が解除されたので、随時、休業していた店舗が動き出した。直営店は、ほぼオープンしたのではないか」とコメントした。

 分割前のペッパーランチ事業の2019年12月期の売上高は80億7,400万円で、ペッパーFSからJPに分割する2019年12月末時点の帳簿価格上の資産は15億7,800万円、負債は3億6,700万円という。

 ペッパーFSは3月25日、新型コロナの影響で売上高に及ぼす影響が見通せないことなどから、GC注記(継続企業の前提に関する注記)を記載した。4月30日、2020年12月期第1四半期(1~3月)の決算発表の延期を公表したが、発表日は依然未定としている。担当者は「作業中だが、まだ(発表予定日の)目途は立っていない」と説明した。

 2019年12月期末(連結)で店舗の閉店などから、当期純利益は▲27億700万円の赤字を計上し、純資産額は5億9,600万円まで低下していた。2020年第1四半期は新型コロナウイルスの影響を大きく受けており、決算発表が注目されている。

ペッパーフードサービスの店舗 

あわせて読みたい

「いきなり!ステーキ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  10. 10

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。