記事

大手投資銀12行の第1四半期、コモディティ関連収入が増加=調査


[ロンドン 1日 ロイター] - 調査会社コーリションによると、大手投資銀行12行は第1・四半期、原油を中心にコモディティ(商品)市況の大幅変動により収益を上げた。

第1・四半期の12行のコモディティ関連の取引やデリバティブの販売などによる収入は約15億ドルで、前年同期の約12億ドルから増加した。

石油関連の収入は前年同期からほぼ倍増し、約7億ドルだった。一方、貴金属関連の収入は1億ドルを割り込み、前年同期の約2億5000万ドルから大幅に減少した。

12行のコモディティ関連の収入は、金融危機以降の10年、規制強化などの影響で減少していたが、2018年と19年は増加した。

12行は、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ<BAC.N>、バークレイズ<BARC.L>、BNPパリバ<BNPP.PA>、シティグループ<C.N>、クレディスイス<CSGN.S>、ドイツ銀行<DBKGn.DE>、ゴールドマン・サックス<GS.N>、HSBC<HSBA.L>、JPモルガン<JPM.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>、ソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>、UBS<UBSG.S>。

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。