記事

イタリア、コロナ感染追跡アプリ導入 プライバシー巡る懸念も

[ローマ 1日 ロイター] - イタリアは1日、プライバシーの保護を巡り懸念されている新型コロナウイルスの感染経路を追跡するアプリを国内4州で導入した。

イタリアは5月上旬以降、徐々に移動制限を緩和し、事業活動の再開に動いているが、社会的距離を確保する規則が守られなければ再び感染が急増しかねないとの懸念がある。

追跡アプリは利用者同士が接近した際にブルートゥース技術を通じてコードを交換することで記録を作成し、感染拡大のリスクを抑えるのが狙い。感染者との接触が判明すれば、接触者に自主隔離と検査を行うよう通知され、保健当局の迅速な対応が可能となる。

全国的な展開前にアプリが試験導入されたプーリア州の新型コロナ対策本部責任者は、ロイターに対し「バスで感染者の隣に座った人を特定することができるようになる」と述べた。

同アプリを巡ってはプライバシーが侵害されるとの懸念の声が上がっているが、政府は位置情報など利用者の個人情報は収集されないとしている。

アプリの試験はプーリア州のほか、リグリア州、アブルッツォ州、マルケ州で8日から開始される。

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。