記事

玉川徹氏と百田尚樹氏の研究、2人から見つかる意外な共通点

1/2
百田氏と玉川氏の共通点とは

百田氏と玉川氏「ポピュリスト発言録」

 玉川徹氏(57)と百田尚樹氏(64)──かたや“政権批判の急先鋒”のコメンテーター、かたや“総理に最も近い作家”である。正反対な主張を繰り広げる2人だが、その「発言のスタイル」を紐解くと、意外な“共通点”が見えてくる。6月17日に『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』を上梓するノンフィクションライター・石戸諭氏がレポートする。(文中敬称略)

【図解】百田氏と玉川氏「ポピュリスト発言録」

自分の気持ちに正直な2人

 緊急事態宣言が全都道府県で解除されてから一夜明けた、5月26日──。『羽鳥慎一モーニングショー』で玉川徹は上機嫌だった。現在、日本で最も注目されているテレビ朝日社員コメンテーターである。

 玉川は最初期から一貫して新型コロナの怖さを大きく強調し、PCR検査を希望者に実施せよ、経済的な補償をせよと訴え、新型コロナ禍で『モーニングショー』を磐石の高視聴率番組にした。

「やっぱり頑張りましたよ、みんな。法律で罰則がないにもかかわらず、抑えられたという事もうれしい」「我々は戦士だ。でも、戦士にも休息が必要なんですよ」

 その声は無邪気なまでに明るい。ほんの1か月前に“誤報騒動”を巻き起こした本人とは思えないほどに快活だった。4月28日放送回で、前日の東京都の感染者数(39人)について、「番組のスタッフが確認しているんですけど、39という件数は全部これ民間の検査の件数なんです」と発言したが、実際は行政機関による検査も含まれ、訂正・謝罪に追い込まれた一件である。

「誤報」すらも話題に変えていく姿勢、そして過去を引きずらずに今という瞬間を大事にする姿勢は本当に似ている、と思った。

 誰に? 首相・安倍晋三に最も近いベストセラー作家・百田尚樹に、である。

 百田も新型コロナ禍で、注目を集めた人物の一人と言っていいだろう。私は『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』の取材で、百田を5時間半以上インタビューした。

 2人に共通すると感じるのが、「その時々の“思い”を重視した発言」だ。玉川は緊急事態宣言について、国が躊躇していた当初は「早く出すべき」と主張し、宣言されたらされたで「まだ甘い」と、その時々で感じたままに発言する。

 百田も新型コロナ対策をめぐり、安倍政権への評価を二転三転させている。当初中国、韓国からの入国禁止策を取らなかった安倍政権を容赦無く批判したが、首相側が会食をセッティングし、2月28日に実現すると、百田は以降、しばらくの間、批判のトーンを弱めた。表面的には一貫性のない言動に、リベラル派論客の中には、会食の効果があって批判を引っ込めたと見る向きもあった。だが、そうした見方は間違っている。

 その根拠は、2月27日に全国一律で「要請」した小中高校の一斉休校にある。私のインタビューに、百田は「果敢にやらないといけないでしょう。官僚っていうのは自分から決めませんからね、絶対に」と語り、官僚にはできないリーダーシップを高く評価した。最大の評価ポイントは「総理が毅然とした対応をした」ということにある。彼は安倍首相の果敢な姿勢に感動し、中国や韓国に臆病な姿勢をとったことに失望している。その時々で彼は、自分の気持ちを正直に語っているだけなのだ。

 インタビューでは生い立ちから思想信条、安倍首相との関係まで聞いたが、そこで見えてきたのは、意外なほど邪気がない人間性だった。彼は自分の気持ちに正直であり、それを隠そうとしない。

 百田も玉川も「正直に語る姿」に共感を覚える人が多いのだ。

あわせて読みたい

「百田尚樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  10. 10

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。