記事

コロナで“無謀の数々”安倍政権の「SNS規制」 「誹謗中傷」と「批判」は誰が判断するのか? 菅官房長官が答えた「嫌われる勇気」 - プチ鹿島

1/2

 緊急事態宣言が全国で解除された。新聞各紙でこれから必要なのは「コロナ対策」の検証だろう。実際そういった記事も出てきた。

【画像】ブルーインパルス都心飛行「指示」した人物は?

 あ然としたのはこちら。

「布マスク『質より量』迷走」(朝日新聞6月1日)

 関係者らの間では、今回のアベノマスク配布計画が第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているというのだ。

《司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦だ。》


安倍晋三首相 ©︎AFLO

「量だ。とにかく早くほしい」

 記事には無謀の数々が載っていた。まず2月後半、最大の受注企業となる「興和」の三輪芳弘社長は政府の担当者から「量だ。とにかく早くほしい」と言われた。そのため興和の従来からの検品方法は政府側が断った。不良品が出るはずである。

 こうした経緯は異例の契約にもつながり、隠れた不具合が見つかっても興和の責任を追及しないとの条項が入った。

《「15層のガーゼを5層に減らし3枚分つくれないか」。興和には、政府側からこんな品質を無視した打診もあったという。》

 そして4月1日、首相は1世帯に2枚ずつ布マスクを配る計画を表明する。

《マスク確保に動いた政府関係者の多くは直前まで知らされなかった。必要な人向けでなく一律に配布するという計画に、官僚の一人は「耳を疑った」と話す。》

 その結果何が起きたか。配布開始の直後から見つかった異物混入や汚れである。

《政府も約8億円かけて別の業者に検品を依頼し、配布の遅れにつながった。》

 無理と無駄の連続。

 元はと言えば「全国民に布マスクを配れば、不安はパッと消えますから」という首相への官邸官僚の“進言”がこの結果を招いた。「インパール作戦」の責任をどうするのか。

安倍首相「そんなに30万円給付って評判悪いの?」

 首相と官邸官僚の浮世離れ感がうかがえるのは読売新聞「『政治の現場』危機管理5」(5月31日)にも。

 不評だった「世帯30万円給付」時のエピソードが載っている。4月14日、自民党幹事長代行の稲田朋美氏と総裁特別補佐の高鳥修一氏が官邸に安倍首相を訪ねた。

《党内の空気を伝える2人に、安倍は驚いた顔で「そんなに30万円給付って評判悪いの?」と3回も繰り返した。》

 不評は首相の耳には入っていなかったのか。これだけでも十分読みどころがあるのだが、

《以降、稲田と高鳥は安倍の求めで、交互に定期報告に入るようになった。「党内の正しい情報」(首相周辺)を耳に入れるためだ。》というのも感慨深い。お気に入りのご注進しか耳に入れないシステムは、変わっていないのだろうか。

 首相と周辺の官邸官僚。そこでさまざまな「判断」が決まっているらしいのだが、決定的だったのはこれ。

「首相の決断 菅氏不在」(読売5月26日)

 これは先ほどの読売の「『政治の現場』危機管理」第1回のテーマである。

 今回のコロナ対応で首相が危機対応で前面に立つほど、菅氏との距離が広がったという。

《安倍が2月下旬に学校の一斉休校を打ち出した際も、菅は蚊帳の外だった。官邸幹部の一人は「首相は政権終盤で自分の思い通りにやりたくなったのだろう」と推し量る。昨秋の内閣改造以降、菅に近いとされる閣僚が複数更迭されたことで、安倍と菅の距離が広がったともささやかれる。》

検察庁法改正案「首相も強い思い入れはなかった」

 そういえば気になることがあった。あの黒川定年延長問題である。検察庁法改正案が見送りになった先々週、新聞各紙で同時多発的に載った「声」は「そもそも安倍首相には思い入れがなかった」という奇妙なものだった。

《首相も強い思い入れはなかった(政府関係者)。》(読売5月19日)

《首相周辺は「改正案はもともと必要がない」と冷ややかで、》(毎日5月19日)

 たしかに黒川氏と実務的なつながりがあるのは菅官房長官だろう。実際に菅案件なのかもしれないが、黒川氏の賭けマージャン報道で見送りとなった途端のこれらの情報の数々には注目したい。

 首相周辺による「あれは菅さん案件だから」という情報戦の可能性もある。ここで想像できるのは「安倍官邸官僚と菅官房長官」の官邸内における攻防である。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  7. 7

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  8. 8

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  9. 9

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    専門家会議 廃止をめぐり疑念も

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。