記事

ブルーインパルス

2020.06.01

5月29日に都心上空をブルーインパルスが飛びました。
 
多くの方からメールその他をいただきました。ありがとうございます。
 
ブルーインパルスが都心上空を飛んだのは、東京五輪、さよなら国立競技場に次いで三回目です。
 
ブルーインパルスは、通常、T-4練習機6機からなる編隊で飛びますが、6機編隊で飛ぶのはしばらく見納めになります。
 
来年のオリンピックに備えた練習が始まるころに6機編隊に戻したいと思います。
 
なかにはこんなことにいくら予算をかけたんだというご批判めいたメールもありましたが、ブルーインパルスの予算は、T-4練習機の訓練飛行に要する経費と併せて計上していますが、今回、このなかで実施しています。
 
ブルーインパルスの燃料費、スモークに使う発煙油、随伴機と整備員を輸送するコスト、合計して約360万円です。
 
ブルーインパルスを飛ばすより、医療関係者に手当を配るのが先だろうというご意見もありました。
 
それは別物だと思います。
 
今回、都心上空を飛ぶと決めたプロセスを明らかにしないのはけしからんというメールもありました。
 
今回の決定は、私から、航空幕僚監部に対し、医療従事者への敬意と感謝を示すためにブルーインパルスを飛行させることができないか検討するように指示を出し、ブルーインパルスが6機で飛行できるのは五月末までに限られることから、一度の飛行で、全国の医療従事者に敬意と感謝を表すためには、首都東京の上空を飛行させることにしたいという案が報告され、その通り実施するように指示しました。
 
ブルーインパルスが入間基地に戻る時に、スモークでモールス信号の「TU」、つまりThank Youを表したというのは本当ですか、という問い合わせもいただきました。
 
私は西部劇の名作「リバティバランスを射った男」の大ファンですとだけ申し上げておきましょう。
 
多摩地区は東京ではないのか、新型コロナウイルス感染症で一番苦労したのはダイヤモンドプリンセス号に対応した横浜なのじゃなかったか、なぜホテル三日月の決断に感謝と敬意を示さなかったのか等々のご意見をいただきました。
 
申し訳ありません、その責任は全て私にあります。
 
次はどこですか、次はぜひ、ここに来てくださいというメール、ツイッター、その他、山のようにいただいております。
 
先に述べたように、ブルーインパルスの6機編隊の飛行は、しばらくできません。
 
4機編成ならば、飛べるかもしれませんが、もし、それが可能だとしても、全国全てを回ることはできません。
 
そこはお許しください。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  6. 6

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  8. 8

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  9. 9

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  10. 10

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。