記事

米国は「離脱中毒」、WHO脱退表明を中国が批判


[北京 1日 ロイター] - 中国外務省の趙立堅報道官は1日の定例会見で、米政府が世界保健機関(WHO)脱退を表明したことを受け、米国は「離脱中毒」になっていると批判した。WHO脱退表明で、米国が権力政治や一国主義を追求していることが明らかになり、国際社会は米国の自国第一主義的な行動に反対していると述べた。

トランプ米大統領は、就任時から「米国第一主義」を掲げ、国連を軽視し、国際協調路線に背を向け、気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」やイラン核合意などから離脱している。

趙報道官は「米国は、グループからの離脱や協定撤回の中毒になってしまっている」と述べた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  8. 8

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。