記事

【自治体ランキング】転出超過ワースト3は小山市、成田市、長崎市…新宿区が11位の驚き

1/2

人口の転出超過については、これまでも高橋亮平のコラムでも、何度も自治体レベルにおける最も考えていかなければならない重要課題として紹介してきたが、今回は、2019年の最新データを元に、あらためて自治体の人口流出について全国815市区のデータまとめてみたので、紹介していきたい。<./p>

今回のデータは2019年のものだが、こうしたトレンドに加えて、今年度はさらにこれに新型コロナによる影響が重なって来ることになる。

今後10年スパンでの自治体経営を考えると、本年度にどういった対応ができるかは、今後に大きな影響を与えるように思う。是非、自治体関係者の皆さんには、こうした視点での取り組みにも期待したいと思う。

転入超過は首都圏4都県が上位4位を独占。あらためて見える東京一極集中

図表1: 都道府県別人口流入数・流出数・人口流入超過数(2019)

出典: 総務省住民基本台帳人口移動報告から筆者作成

では、まず都道府県比較から見ていこう。

1年間の転入が転出よりも多い転入超過となっているのは、47都道府県のうち、わずか8都府県しかない。

1位が82,982人の東京都、2位が29,609人の神奈川県、3位が26,654人の埼玉県、4位が9,538人の千葉県と、上位4位までを首都圏が占めており、東京一極集中などと言われていることがデーターでも示される結果となった。

かろうじてプラスなのは、大阪府、福岡県、滋賀県、沖縄県までだった。

逆に転入数より転出数の方が多い転出超過が最も多かったのは、▲8,018人の広島県、次いで▲7,495人の茨城県、▲7,309人の長崎県と並ぶ。転入や転出の数で見ると人口移動の多い愛知県、福岡県なども転出超過となっている。

23区で転出超過は新宿区と豊島区だけ。最も転入超過だったのは世田谷区

図表2: 23区別人口流入数・流出数・人口流入超過数(2019)

出典: 総務省住民基本台帳人口移動報告から筆者作成

都道府県別で圧倒的に転入超過となっている東京都をまず23区から見ていこう。

23区で転出超過になっているのは、▲1,827人の新宿区と▲273人の豊島区だけ、後はすべて転入超過だった。新宿区は全国815市区中でもワースト11位とその転出超過の多さが際立っていた。

転入超過については、最も多かったのは、7,509人の転入超過となった世田谷区(全国7位)、次いで6,340人の練馬区(全国8位)、6,012人の品川区(全国9位)、5,336人の大田区(全国10位)と全国815市区のトップ10に4区が入った。

図表3: 東京都内市別人口流入数・流出数・人口流入超過数(2019)

出典: 総務省住民基本台帳人口移動報告から筆者作成

続いて、東京都でも23区以外の市について見ていくことにしよう。

グラフで見ると、極端な転入超過や転出超過は見られないが、26市のうち転出超過は、▲576人の福生市、▲102人の青梅市、▲67人の東大和市、▲48人の羽村市の4市だけ、こう見ていくとあらためて東京都全体が安定の転入超過エリアであることも分かってくる。

転入超過は、2,465人の八王子市(全国29位)と、2,122人の西東京市(全国32位)が2千人以上の転入超過があった。

首都圏4都県で最も流入超過だったのは川崎市、次いで横浜市、転出超過県最多は横須賀市

図表4: 神奈川県内市別人口流入数・流出数・人口流入超過数(2019)

出典: 総務省住民基本台帳人口移動報告から筆者作成

首都圏4都県の市区の中で最も流入超過だったのは、10,618人の川崎市(全国3位)、次いで10,306人の横浜市(全国4位)だった。神奈川県内ではこの2市が圧倒的だが、2,966人の藤沢市(全国24位)、2,220人の大和市(全国31位)についても2千人以上の転入超過となった。

一方で神奈川県で最も転出超過となったのは、▲1,356人の横須賀市(全国ワースト19位)。次いで▲445人の厚木市、▲407人の小田原市、▲320人の伊勢原市、▲260人の南足柄市、▲228人の三浦市と続き、6市が転出超過となった。

一般市で全国最多転入超過は流山市。千葉県転出超過最多は全国ワースト2位の成田市

図表5: 千葉県内市別人口流入数・流出数・人口流入超過数(2019)

出典: 総務省住民基本台帳人口移動報告から筆者作成

千葉県内で最も転入超過が多かったのは、4,353人の流山市だった。流山市の転入超過は、全国11位にあたり、政令指定都市や中核市、23区などを除いた一般市の中では、全国で最も転入超過が多かった市となった。

県内では次いで4,000人の柏市(全国14位)、3,739人の千葉市(全国16位)、3,715人の船橋市(全国18位)と続き、2千人以上の転入超過が4市だった。

ちなみに筆者の地元、市川市は1,892人の転入超過で県内5位(全国34位)だった。

一方で、千葉県内37市ある内で転出超過は14市に限定されており、袖ヶ浦市、木更津市、旭市を除けば、その殆どは東京に近い北西部の自治体が並んでいるなど、転入超過県でありながら、県内の地域差が大きく出た。

千葉県内で転出超過が最も多かったのは、▲3,272人の成田市。成田市の転出超過は、全国ワースト2位という結果となった。次いで▲1,675人の八街市(全国ワースト12位)、▲999人の鎌ケ谷市(全国ワースト12位)と、全国の転出超過ワースト50にも3市が含まれた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  6. 6

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河井夫妻の起訴 自民どう動くか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。