記事

ネットから地上波へ若者を誘導!テレビ業界が「番組公式YouTubeチャンネル」に活路を見出す

1/2
放送を見てもらってこそ意味があるテレビ業界。テレビを見なくなった若者に訴求するため、各番組が番組公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、様々なコンテンツを展開していることをご存知でしょうか? その中でも素晴らしい動画を、現役放送作家が紹介します。


リアルタイムで見てもらってナンボ。テレビ番組のビジネスモデル

緊急事態宣言が解除されました。これから緩和の流れが進んでいくと思いますが、この記事を書いている5月下旬の時点で、テレビ業界は収録がストップしている番組がほとんど。その結果お休みになった芸能人たちが続々とYouTubeに参戦し始めています。

しかし、この“YouTube参戦”は芸能人に限った話だけではありません。番組として公式YouTubeアカウントを開設し、様々なオリジナルコンテンツをアップしているのです。

これにはテレビ業界の“課題”が大きく影響していると感じます。若者のテレビ離れが叫ばれて久しいですが、実際にこの10年でテレビを見ている若者(10代〜30代半ば)は減少傾向にあります。

しかしYouTubeで再生回数を稼ぐチャンネルには、違法を含めてテレビ番組をアップロードした動画も多いため、テレビそのものがダメになったというわけではなく、テレビをリアルタイムで楽しむ視聴者が少なくなってきたと考える方が適切です。

ですが、テレビのビジネスモデルは、番組の間に流れるCMを見てもらうことで成り立っています。視聴率を獲得して、CMをたくさんの人に見てもらい、その広告料によって利益を出し、さらに番組を制作していく…という流れになっているからです。「数字を狙わなくていいから面白さだけ追求してほしい」といった視聴者の方の声も聞きますが、このシステムでビジネスがまわっている以上、リアルタイムで放送を見てもらって高視聴率を目指すのは番組の責務です。

これまでは「番組の中身を面白くすれば、視聴率が上がる」という“当たり前”がありましたが、リアルタイムでテレビを楽しむ視聴者(特に若者)が減少している状況では少し事情が変わります。「池の魚を奪い合う」のではなく、「池の外=テレビを普段リアルタイムで視聴していない人」をいかに地上波の放送に連れてくるかという戦略が重要です。

こうした昨今のテレビ業界において、先述したように「番組公式YouTubeチャンネル」を開設して、普段YouTubeをメインで視聴している人々にアプローチをかけるのは必然の流れではないでしょうか。

番組公式Twitterは昔から存在しましたが、文字中心のTwitterよりも、映像中心のYouTubeの方がテレビの強みが打ち出せるという理由もあります。

さて今回は、数ある番組公式YouTubeをリサーチし、どんなコンテンツを作って番組に関心を持たせ、テレビをリアルタイムで視聴してもらおうとしているのか調べてみました。

その中で、特にすごいと感じた4つのYouTubeチャンネルをランキング形式で紹介していきます。

第4位 名物キャラがYouTubeに!『有吉の壁【公式】壁チャンネル』

有吉の壁【公式】壁チャンネル

今年4月から日本テレビでレギュラー放送が始まった『有吉の壁』」。そもそもこの番組が夜7時というゴールデンタイムのド真ん中に編成されたことは、テレビ業界で大きな話題を集めました。

本来この時間の視聴者は年齢層が比較的高いというのが常識。そんな中で「グルメ」「健康」「お金」といったいわゆる“数字が取れる要素”がほとんど含まれておらず、芸人さんたちが繰り広げる純粋な笑いで勝負に出たことで、どんな結果が出るのか注目されていたからです。

僕は番組に関わっていないため、どの世代がどれくらい見ているのかはわかりませんが、『有吉の壁』は高い視聴率を獲得し「この時間帯で“笑い”で勝負しても数字が取れるんだ!」とテレビマンたちに勇気を与えているのは間違いありません。

そんな『有吉の壁』は、公式YouTubeにも力を入れ始めています。「ブレイク芸人たちのブレイク動画」というYouTubeオリジナル企画を展開し、高い再生回数を獲得。

その内容は、「パンサー菅さん扮するパラパラおじさんがパラパラなひと言を言う動画」や「チョコレートプラネット扮するMr.パーカーJr.の動画」「シソンヌ扮するこうへいくんとゴンちゃんのモーニングルーティン動画」などが人気です。

特にパラパラおじさんの動画は、視聴者から募集したひと言を発表するという企画も盛り込まれ、よりキャラを身近に感じられる工夫もされています。番組を見たことがなかったとしても、YouTubeで番組の存在を知ることになる若者もかなりいるのではないかと感じました。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  10. 10

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。