記事

為末大「いまこそ高校球児に伝えたい"次の目標"の立て方」

1/2

5月20日、夏の高校野球の中止が発表された。高校野球だけでなく、ほとんどのスポーツ大会は中止となっており、突然目標を失った選手たちは戸惑っている。元オリンピアンの為末大氏は「人生は競技よりも長く続く。思い切って落ち込んでから、次の目標を立ててほしい」という――。

※本稿は、為末大著『Winning Alone(ウィニング・アローン) 自己理解のパフォーマンス論』(プレジデント社)の一部を抜粋・再編集したものです。

第102回全国高校野球選手権大会が行われる予定だった阪神甲子園球場=2020年5月20日、兵庫県西宮市 - 写真=時事通信フォト

「もう次はない」アスリートたちがいる

2020年の東京五輪は延期になった。春夏の高校野球、インターハイ、全日本中学選手権インターハイも中止。そうせざるを得ないのだろうというのはわかる。しかしこれらの大会を目標に頑張ってきた選手も多いと思う。もし自分が今アスリートだったらと思うと表現できないぐらいの不安に襲われているだろう。自分のピークがどこまでもつだろうかという思いにとらわれている者もいるだろう。実際、何割かの選手はこの夏がないならもう次はない。アスリートのピークは短い。いまこの瞬間でしかできない技術があり、入れない境地がある。この夏に準備してきたのならこの夏にしかできないものがあるのだ。

一方で、考えてもどうしようもないことにいつまでも時間を費やすことは避けなければならない。競技人生で最も足りないリソースは時間だ。その貴重な時間を最終的に競技人生を良い方向に進めてくれるのは、ひたすらに自分のできることにフォーカスして、それを淡々とやり遂げることだ。他人も過去も未来も何が起きるかわからない。わからないことは起きてから対処すればいい。

コントロールできることに、意識を向けよ

スポーツ心理学に基づいた指導で、「コントロールできないものを意識するのをやめ、コントロールできることに意識を向けよ」というものがある。元々はギリシャのストア派の哲学の考え方だ。コントロールできないものの最たるものは他人と過去であり、コントロールできるものの最たるものは自分と今である。

為末大『Winning Alone(ウィニング・アローン)自己理解のパフォーマンス論』(プレジデント社)

大事な点は、楽観的になろうとすることでも、悲観することでもなく、目の前にある自分にできる課題解決に集中することで、何を無視するかを決めることだ。自分の範囲を超えたものを恨んだり、憂いたりしても改善は見込めない。

しかし、こうした考え方には抵抗感も強い。なにしろ自分のせいではない理由で自分がピンチに追い込まれることも多々ある。また本質的にはもっと大きなところに問題があることも多い。たとえば指導者や、所属している企業の方針、国際連盟の方針、ドーピングを使用している選手など。新型コロナウイルスの動きなどはその最たるものだ。こうしたすべてを「コントロールできないこと」として割り切れと言われても、はいそうですか、とはならないだろう。

実は選手が「気にすべきこと」はほとんどない

どうしても誰かの責任だと考えたい(実際にその場合もある)、恨みたい、なんなら復讐したい、という気持ちになるかもしれない。しかし、それで事態が改善しない場合、すべての努力は無駄になる。

コロナウイルスの感染拡大はいつまで続くのか、それに伴う渡航制限などの政府の方針はどうなるのか、試合は開催されるのか。されるとしたらどんな形になるのか。これらはすべてコントロールできない。

そうなると実は選手は気にする事はほとんどないということになる。これまでどおり練習を続けるだけだ。オリンピックの延期、重要な大会の中止に伴い、今後もさまざまな混乱が予想されるが、いろいろ想定しても、結局日々の練習を淡々とするということしか選手にはできないし、それこそがやるべきことだ。

私がすすめるクライシスの過ごし方

今回のようなクライシスでは、コントロールできることは極端に限られている。そこに意識を向けて過ごすしかない。以下の3点を意識しつつ、喧騒から距離を取り、淡々とトレーニングを行うことをお勧めする。リモートワークなどでこれまでと勝手が異なる環境で仕事をし、成果を出さなくてはいけない人にとっても参考になるかもしれない。

安心できる場所を確保する

練習を続けるためにベースとなるトレーニング場所を確保する。その場所からしばらく移動できなくなることも考えられるので、安心して長く練習できる場所を見つける。

情報と会う人を制限する

情報がたくさんあることは普段はいいことだが、状況が刻々と変わる状況では精神が疲弊し、情報が多すぎて焦って無駄な動きをしてしまう恐れがある。できれば情報収集は信頼できる人か機関にお願いし、対応しなければならないときだけ教えてもらうようにしたい。SNSは玉石混合の情報が行き交うので、気になるようであれば一旦停止するか、発信だけに専念する。一方で選考基準や選考会についての情報は誰かに頼んでもいいので意識して取りに行く。早い情報を知ればそのぶん有利になる。

明日のことしか考えない

どうしても未来のことを考えて不安になるが、危機において未来を考えることにほとんど意味はないので、今日1日できることだけやり、ご飯を食べてゆっくり寝る。これを繰り返す。いつこの状態が終わるのかを考えるのではなく、今日が積み重なっていったらいつの間にか元の日常が戻ってきていたという形に持っていきたい。一方で、集中しすぎて自分を追い込みすぎないように注意する。心の疲労は目に見えにくく、疲労している選手は本番で力を出せない。今日の練習に集中して、練習が終わったら好きなことをやってのんびりする。自分で思っているよりも二割くらい力を抜くのがちょうどいい。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  3. 3

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  4. 4

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  5. 5

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  8. 8

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ハーバード講座示す興味深い日本

    ktdisk

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。