記事

学校でクラスター それでも対応しながら前へ 重症化する高齢者たちを守るために、結果医療者を守るために、そして経済を回すために、マスク、手洗いの徹底を

北九州の小学校でクラスターが発生したようです。

>守恒小で最初に感染が確認された10代の女子児童は5月12日以降、37度前後の発熱が続いていたが、登校再開日の25日には熱が下がり、同日から4日間登校。登校前に37度台の熱がある日もあったが、登校時の検温によるチェックでは36度台で引っかからなかった。感染が判明したのは、同じ時期に熱発し、症状が約2週間続いていた母親の感染が分かったからだった。
この軽いくすぶりながらの症状が2週間たった女児から、他人へ感染する。本当厄介なウイルスです。

そして大切なこと。この子は何も悪くない。
(強いていうと母親の検査、隔離をもう少し早くかな。)

>市によると、守恒小の4人は28日に感染が確認された女子児童と同じクラス。いずれも10代で女子3人、男子1人。全員が無症状という。
そしてこれをみると、母親が診断されなければこの感染は多分わからなかったのだろうと思います。そう、こういう事例が証明されるとウイルスは間違いなくまだ市中にいるということ、北九州でずっと感染者が0だったのは重篤な症状をとる感染者が0だったということなのでしょう。
>感染が確認された学校は当面休校するが、市立学校全体の休校は現段階では考えていないと説明
>「日本小児科学会は『患者の中で小児が占める割合は少なく、ほとんどが家族内感染』との見解だが、本当に学校内で広がっていないのか調査、分析が必要。他校の感染状況も見ながら、北九州市内全体での休校を検討すべきか見極める必要がある」
今までの知識の否定です。でも教育委員会の前へ進むという決定は悪くないと思います。それこそ今後コロナウイルスと共存していかなければいけないのですから。この学校内感染の証明はあの不評だった休校処置の意味もまた変えます。なんとなく、また昔の論文の知識で意味がなかったと思っていたことを反省します。

若年者では軽症でほとんどが済む新型コロナウイルス 。このように無症状の子供がリザーバーになっている可能性があります。今回の小学校の防護の対応はどうだったかはみんなで共有しましょう。

そしてだからではないですが、まだまだ高齢者との接触はマスク、手洗い、3密予防の徹底をお願いします。

そうしつこいようですが、新型コロナウイルスは消えていません。でも感染者は減ってきてます。(クラスター対策班ありがとう。)だからこそ重症化する高齢者たちを守るために、結果医療者を守るために、そして経済を回すためにマスク、手洗い、3密予防の徹底をお願いします。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  7. 7

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  8. 8

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  9. 9

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。