記事

京アニ放火 寝たきり容疑者に「逃亡の恐れ」どういう意味か

京アニへの恨みを供述している(時事通信フォト)

 36人が死亡、33人が重軽傷を負った京都アニメーション放火殺人事件。事件から10か月が経過した5月27日、京都府警は治療中だった青葉真司容疑者(42)を殺人、現住建造物等放火容疑などで逮捕した。

 入院先の病院から捜査本部のある伏見署、勾留先の大阪拘置所に送られた青葉容疑者はストレッチャーに横たわり、顔や腕には犯行時に負った火傷の痕が生々しく残っていた。

「警察は勾留に耐えられるまで容態が回復したと説明する一方で、立ち上がることはできず、介助なしでは食事もできないと明かしている。逮捕状への署名を自力でしたことから手は動かせるようですが、異例の逮捕です」(全国紙社会部記者)

 同日の警察の会見では記者から逮捕した理由を問う質問が相次いだが、「具体的には申し上げられませんが、もちろんそういう状況でも逃亡、罪証隠滅の恐れがあるということを判断した」と、言葉を濁した回答。だが、ストレッチャー移動に加え、「火傷が酷く、手錠もできなかった」(前出・社会部記者)という容態で、“逃亡や隠滅の恐れ”があるのか。アトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹弁護士が解説する。

「治療先の病院に協力者が来れば罪証隠滅は理論上可能。さらに手は動くということから容疑者の自殺という可能性も否定できない。万が一を防ぐために異例の逮捕に踏み切ったのでしょう」

 取り調べは始まったが、未だ被害者や遺族へ謝罪の言葉はないという。

「精神鑑定が入るので、起訴には最低でも4か月はかかる。被告人質問も容易ではなく、裁判は長期化が避けられず、判決に2年以上かかるのではないか」(高橋弁護士)

 事件の全容解明が望まれる。

※週刊ポスト2020年6月12・19日号

あわせて読みたい

「京都アニメーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。