記事

「ウィズコロナ」という悪質な洗脳用語にだまされてはならない

コロナとともに共存していきていく「ウィズコロナ」という言葉に違和感しかないんだけど私だけでしょうか?

アフターコロナはわかる。コロナパニックが起きて生活様式や意識が大きく変わった。だからコロナ後という意味でのアフターコロナ。しかし「ウィズコロナ」は気持ち悪くて仕方がないのです。

なんというか常にコロナがその辺にいますよというある種の洗脳。

申し訳ないけど日本をはじめとしたアジアは圧倒的にコロナは少ない。もしくはコロナがあっても被害は少ない。もちろん今後どうなるかわからないにしても今の時点で「ウィズコロナ」という用語で国民を洗脳し、とにもかくにもすべての生活のプライオリティをコロナ基準にするのはあまりにもおかしくはないか。

たとえば季節性インフルエンザのように毎年1000万人も患者がいるなら「ウィズインフル」はわかる。 だって国民の12人に1人も感染するんだからかなりの高確率なわけで、その辺にインフルいるから気をつけましょうね、共存していきましょうねという意味で「ウィズインフル」ならわかる。

不謹慎な言い方かもしれないけど「ウィズツナミ」とか「ウィズジシン」ならまだわかる。 極めて確率論的には高いリスクであり、しかもこの先なんども遭遇する。そして津波や地震といった自然現象は日本でいきていく上では「共存」していくほかないからだ。

だから津波や地震があることを常に意識しながらともにいきていこうならわかるんです。確率論的に高く、なんどもあるから。

しかし現状、新型コロナに関しては現時点でコロナにでくわすのはめちゃめちゃ低い確率だ。 そんな極めて可能性の低いものなのに「ウィズコロナ」だと騒いで、その辺にうようよいるようなイメージを持たせるのは悪質な洗脳手法としかいいようがない。

気をつけるべきだとは思う。しかし現時点であたる確率は極めて少ない。

たとえば「ウィズエイズ」とか「ウィズエボラ」とかいうだろうか?いわないでしょ?なのになぜ「ウィズコロナ」というのか。コロナを使って脅して政治利用しているとしか思えない。

「共存」とかいう言葉にも違和感がある。まるで仲良くしましょうみたいな。コロナを「戦争」にたとえるのも違和感はあるが「ともにいきよう!」「共存しよう!」ってなんか気持ち悪い新興宗教みたいじゃない?「ウィズコロナ」「ウィズコロナ」と政治家やマスコミが連呼することで確率論では極めて低いリスクを国民に極めて高いリスクだと誤認させる意図的な刷り込みを行っている。

この言葉は要注意だ。私は使わない。アフターコロナでいい。

緊急事態宣言が終わって「ウィズコロナ」があらゆる場面で連呼されていくうちに私たちは知らず知らずのうちに刷り込まれていってしまうがだまされないように。

コロナは現時点では極めて確率論的に低いリスクであり「ウィズコロナ」と叫ぶほど私たちのそばにはない。手洗いと咳エチケットだけしっかりしていれば今のところは大丈夫なはず。悪質な洗脳手法にだまされないよう気をつけたい。

*「ウィズコロナ」に違和感がある方はぜひシェアしてください。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  8. 8

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  9. 9

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。