記事

Amazon、Facebook、Instagram各社、音楽テックの新プロジェクトを始動

1/2
マシュメロ(Photo by Rmv/Shutterstock)

4月末、マシュメロとホールジーは新曲「Be Kind」を事前告知するにあたり、TikTokで一番人気のチャーリー・ダマリロの手を借りた。先週、2人はAmazonのスマートスピーカーEcho向けに「いまだかつてない音楽体験」を提供し、またもやクリエイティブなマーケティング手法を繰り広げた。

ホールジーの所属レーベルCapitol Recordsによると、5月27日から6月2日までの期間中、「アレクサ、マシュメロ(またはホールジー)は今日何を考えてるの?」とEchoに尋ねると、セレブの胸の内を覗くことができるという。

【動画】「アレクサ、マシュメロは今日何を考えてるの?」

だが――偶然か否か――ホールジー&マシュメロのアレクサ企画がお披露目されたのと同じ日、FacebookとInstagramの大手プラットフォーム2社も、音楽業界と絡んだ新機能を発表した。

Instagramは先週、音楽に「反応」する新エフェクト作成機能を発表した。Spark AR Studioというアプリを使えば、音楽と同期して動く拡張現実エフェクトを――画像や動画フィルターという形で――誰でも作ることができる。理論的には、これによって音楽発掘の場としてのInstagramの地位も高まることになりそうだ(先月には、とある曲がSnapchatのフィルターのおかげでチャートを急上昇した例もある)。

Instagramの最先端ARエフェクトが発表されてからものの数分と経たないうちに、同社の親会社Facebookも音楽関連の新企画を発表した。Facebookの研究開発チームNPE Groupは、ミュージックビデオを共同制作できるCollabというアプリを開発した。Collabを使えば、ユーザー同士でアップロードした動画を組み合わせて、オリジナル音楽やマッシュアップの動画コンテンツを作成することができる。ただし、現時点ではまだベータ版で、承認されたユーザーしか使用することができない。

これら3つの音楽新機能は、はっきりと若者層に狙いを定めているわけではないが、いずれもITに長けたZ世代(すでに音楽重視のTikTokは彼らの独壇場だ)が主なユーザーになりそうだ。昨年行なわれた消費者調査によると、Z世代の73%前後がソーシャルメディアで勧められているものを購入しているという。

ソーシャルメディアを利用する時間は1日平均3時間。また2019年にBusiness Insiderが行なった調査でも、Z世代の65%が毎日Instagramをチェックし、他のプラットフォームよりも頻繁に利用していることが分かった。Instagramでお勧めされているから、という理由で商品を購入したくなるのであれば、同様に音楽のダウンロードやストリーミングにも乗り気になるだろう。

あわせて読みたい

「IT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  3. 3

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ビール業界で1人負け アサヒ苦境

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。