記事

トランプ氏 WHO脱退 香港優遇停止 黒人死亡への対応

米大統領トランプ氏の言動に、世界が振り回されているように感じます。中でも、懸念されているのが、コロナ対策に一丸となってあたらなければならないのに、世界保健機関(WHO)からの脱退を表明していることです。トランプ氏は、29日、ホワイトハウスから対中政策を発表しました。

「中国に支配されている」としてWHOからの脱退を一つの柱としています。そもそも対中政策で脱退する、ということが、おかしいと思います。確かに、事務局長の対応などが中国寄りすぎる、ということは問題ですが、世界でコロナ対応に連携しようとしているときに言い出すことではない、と思います。

少し落ち着いたところで、WHOの対応を検証して、今後のあり方を考えることは必要ですが。国際社会が築いてきた仕組みを壊してばかりでは、困ります。米国は、WHOの資金の10分の1を負担していて、脱退すれば、財政的にもきつくなります。

また、トランプ氏は、「一国二制度」を前提とした香港への優遇措置の見直しも対中政策の柱として打ち出しました。米中対立がさらに激化しそうですし、何とか民主主義を守ろうとしている香港の人たちのことは、どう考えているのか、わかりません。秋の大統領選のために。コロナ対応の失敗を隠し、目をそらそうとして強行姿勢をとっている、と見られています。

また、米中西部ミネソタ州ミネアポリスで、警官が黒人男性の首を圧迫して死亡させた事件で、トランプ氏は、「略奪が始まれば発砲が始まる」とツイートしていました。

各地で抗議デモが広がり、厳しい批判を受けて、その後、トランプ氏は、態度を一変し、死亡した黒人男性の家族に電話したことを明かし「起きてはならないことが起きた」としました。とにかく、全体状況をきちんと把握して行動できない大統領が大国の米国にいることは、国内だけでなく、世界にとって大きな懸念材料です。

コロナへの対応などへの批判によって、現在は、民主党のバイデン元大統領がリードしている州もある、ということで、秋の大統領選を注視したいと思います。米国で、マスクをしているのは民主党、していないのは共和党、という報道もありました。ここでも、分断が生じているのでしょうか。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。