記事

テラハ事件で考察 匿名で誹謗中傷する者をどう罰するべきか

1/2
女子プロレス界期待の新星だった(写真/GettyImages)

 スキャンダルを起こしたワケでも事件を起こしたワケでもない。ただテレビに出ただけで、なぜ彼女は死に追い込まれなければならなかったのか……数々の炎上を研究してきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、すべてのネットユーザーに警鐘を鳴らす。

 * * *

「恋愛リアリティーショー」の『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していたプロレスラー・木村花さん(22)が亡くなった。同番組では男女6人の共同生活を描くが、彼女は気性の激しいキャラとして登場しており、勝手にリングコスチュームを同居人男性に洗濯・乾燥された結果縮んでしまい、彼に激怒する。

 これを見た視聴者からは「お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早く消えてくれよ」「死ね」などと書かれた。多い日には100件の誹謗中傷があったという。役柄上の荒々しさと激しいキャラを許せないと感じた人間がそれだけ存在したということだ。所属するプロレス団体の代表は、誹謗中傷を書き込み続けた者を特定し、法的措置を取ると宣言している。

 これでいい。目の前にいる人間に対して「死ね」などと言った場合は「なんだオラ!」と抗争になるものだが、ネットであれば何を言ってもいいと安易に考える者が多過ぎる。この手の人間は、誹謗中傷を受けた者がカネと時間をかけて執念の追い込みをして実際に訴えた場合は、「軽い気持ちだった」とのたまう。「死ね」と安易に書く背景には、「自分は視聴者様だから文句を言う権利がある」という意識もある。

 今回も木村さんを執拗に攻撃していた者は軒並IDを削除して逃亡した。ネットにはこいつらに対して「震えて待て」の書き込みもあるが、まさにそうだ。お前がやらかしたことの重大さを今こそかみしめるが良い。

 元々ネットに誹謗中傷を書き込む人間がどんな人間か? ということについては、ステレオタイプ的に「無職の暇人」といった捉えられ方をされていた。実際、こうした人物は多いし、横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手の妻を「ブス」と書き続けた女は200万円の損害賠償訴訟を起こされ「そんなに払えない」と雑誌の取材で泣き言を口にした。

 とはいっても、誹謗中傷をする人間には「経営者層も多い」といった分析もあるわけで、書き込む人間はありとあらゆる層であると考えられる。私の知り合いでそれなりの地位にある男性も特定人物に日常的にツイッターで罵詈雑言を浴びせていたが、あっけなく身元がバレてしまい、その後会社では上司から注意を受け、出世の道が途絶えてしまった。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  10. 10

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。