記事

「ソーシャルディスタンス」はずっと続くのか?

<お知らせ>【登録者数1600名突破!】毎日ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

コロナウィルス感染リスクに対する考え方は、人それぞれかなりの個人差があります。相変わらず外食を避け、警戒している人もいれば、私のように屋外ではマスクもせず、外食も(3密には注意しながら)続けている「脇が甘い人」もいます。

お店の対応も、徐々にばらつきが出てきました。スターバックスコーヒーのように、ソーシャルディスタンスを徹底し(写真)、レシートまで手渡ししないでトレイを使う潔癖症なお店もあります。

一方で、先日ランチに入ったお店では、間を空けて座っていたカウンター席の隣に、いきなり別の人が座ってきたので、びっくりしました。しかも、このお店はスタッフもマスクをしていません。早くもコロナ前と同じ状態に戻っていました。

こんなお店は、「コロナ自警団」の人たちから見れば、許されないと思うかもしれません。

しかし、これからもしコロナの新規感染者数が減少していけば、ソーシャルディスタンスは徐々に現実に合わせて形骸化していくと思います。

人間は忘れる動物です。ニューヨークの9・11テロの後は、世界中のビルの入り口で荷物検査を厳しくやっていました。しかし、今では形だけ。当時のピリピリした雰囲気はもうありません。東日本大震災ではタワーマンションの横揺れの危険性が指摘されましたが、今では普通に住んでいます。それと同じです。

個人経営の店であれば、コロナウイルスの感染リスクと同時に、お店の売り上げを考えなければなりません。大手の飲食チェーンのように、完璧な対応を続けている余裕はなく、現実との折り合いをつけていかなければならないのです。

果たして、数か月後にスターバックスのソーシャルディスタンスが、どう変わっているのか。感染の広がりが抑えられていることが前提にはなりますが、ソーシャルディスタンスに対する人々の考え方の変化を興味深く見守りたいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年5月31日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。