記事

レナウン破綻に学ぶ新型コロナショック禍を生き延びる方法

1/2

東証一部上場アパレル大手のレナウンが、東京地裁に民事再生の適用を申請し実質経営破綻しました。直接の原因は、新型コロナウイルス感染拡大による経営不振です。新型コロナショックにおける初めての上場企業の倒産であり、産業界には激震が走っています。

レナウンがなぜ破綻に追い込まれてしまったのか、コロナ禍に苦しむ企業で破綻に追い込まれる企業とそうでない企業の違いはどこにあるのか、検証してみます。

破格の協力体制をとる金融機関に見放されたレナウン

共同通信社

レナウンは、百貨店等の主要販売先やテナント出店先の相次ぐ休業により売上が激減し、最終的に決済資金ショートに至ったとのこと。

いま企業は、大手も中小もとにかく経営破綻を避けるためにキャッシュフロー確保に奔走しています。黒字決算が続いていようが、決算書上に内部留保があろうが、手元に現金がないならば売上の激減によって経営破綻が免れ得ないからです。

あの無借金経営のトヨタでさえ、新型コロナショックの長期化に備えて1兆円を超える借入枠の手当てに動いています。中小企業は公的支援金と無利子・無担保の融資金が命綱になっていますが、大企業は金融機関借入あるいは日銀が買入枠を広げたコマーシャルペーパー(CP)および社債発行がその手段となるわけです。

しかし、新型コロナショックという有事の最中に、CPおよび社債発行などによる資本市場調達ができる企業は限られた優良企業であり、大半の企業は大手といえども金融機関の協力を得ることで生き延びる道を確保する以外にないのです。

多くの大手企業が苦しい経営状況が続く中で融資枠確保の報道が相次いでいますが、レナウンは金融機関の協力が得られず破綻を迎えた、ということになるわけなのです。

コロナ禍状況での金融機関の融資審査・指導は平時に比べてかなり緩めに移行しており、返済猶予や借入条件の見直しなども含めて破格の協力姿勢がみられると聞いています。そのような状況下にありながら、レナウンはなぜ見放されてしまったのでしょう。

巨額赤字で中国の繊維大手との親子関係に「不協和音」

レナウンは1902年創業の老舗アパレル企業です。60~70年代に高度成長に乗って成長し、80年代初頭のピーク時にはグループで3000億円を超す売上を計上。業界トップ、いや世界でもトップクラスにいたこともありました。

しかし、その後は、英国アクアスキュータム・ブランドの買収などの新規投資がことごとく失敗し、1992年の赤字転落以降29年間で黒字はわずか4期のみ。過去の蓄えを食いつぶし続けてきたことになってしまったわけなのです。

そのような中で、2010年に赤字体質打破をめざして中国繊維の大手企業である山東如意科技集団に協力を仰ぎ、2013年には持株比率53%の筆頭株主化を受け入れ子会社になっています。

しかし、合弁会社を設立した中国での事業展開は思うに任せず撤退を余儀なくされるなど、山東如意との連携は成果を出せぬまま不毛の10年を過ごすことになります。

加えて昨年、山東如意グループ企業に対する53億円という多額の売掛金の回収が滞り、それが主な原因でレナウンは昨年12月期に67億円という想定外の巨額赤字を計上することになり、親子関係に不協和音が聞かれていました。

そして、山東如意は3月のレナウン株主総会で、神保佳幸社長、北畑稔会長の再任決議案に対し、いきなり否決するという荒業を繰り出し、親子関係の想像以上の悪化が周知の事実となったのです。

株式会社レナウン公式ウェブサイトより

以上のような経緯を踏まえると、銀行の立場で考えた時、レナウンに対する資金面での協力判断を阻害する大きな問題点がいくつか存在します。

ひとつは、ユニクロに代表されるSPA(製造小売)の台頭やeコマースの急激な浸透といった潮流に乗り遅れ、百貨店を中心とした旧態然としたビジネスモデルからの脱皮がはかれていないこと。

さらには、外資の傘下に入り親会社の方針が見えにくくなっていたこと。加えて、その親会社とも折り合いが悪く、先行きに不安定さを感じさせていたこと。特にこの親会社との不協和音は、何より金融機関の融資姿勢を及び腰にさせてしまった大きな要因であったと思います。

あわせて読みたい

「レナウン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。