記事

SNSで有名人を追い詰めるバカを野放しにしてはいけない

1/2

恋愛リアリティショー『テラスハウス』に出演していたプロレスラーの女性が、自ら命を絶った。SNS経由で視聴者から容赦なく送られてきた誹謗中傷、罵詈雑言が女性を追い詰めたとみられている。ネットニュース編集者の中川淳一郎さんは「SNSの普及でバカが拡声器を手にした。相手を死に追いやるような、一方的な罵詈雑言などもってのほかだ」という──。

サムズアップのポーズとサムズダウンが描かれたアイコンが一面にばらまかれている様子

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/peepo

とある女性の死から浮かび上がるSNSの異常性

“恋愛リアリティショー”を謳(うた)う番組『テラスハウス』の出演者で、プロレスラーの木村花さんが亡くなった。自殺とみられている。

この痛ましい出来事については、すでにテレビのワイドショーなどで大きく取り上げられ、ネットにもさまざまな記事が掲載されている。そのため、ここで経緯などは詳記しないが、木村さんが自ら死を選んだ背景として「自身のSNSアカウントに寄せられた視聴者とおぼしき人々からの罵詈(ばり)雑言、誹謗(ひぼう)中傷があまりに酷(ひど)く、それが彼女を精神的に追い詰めたのではないか」といったことが伝えられている。

私は本件の第一報に触れた直後、「クイック・ジャパン ウェブ」に〈『テラハ』木村花さん逝去「糾弾者に最高のツール」であるSNSはもうやめよう〉という記事を寄せた。内容はタイトルどおりなのだが、SNSというものは日々の暮らしを便利にしてくれる反面、極めて異常性をはらんだツールでもある──そういったことを伝えたかった。

理不尽な言葉で攻撃されても、泣き寝入りするしかないのか

SNSの異常さを、いくつか整理してみよう。

・個人の連絡先を全世界に公開しているような状態。冷静に考えてみれば、見ず知らずの人間が勝手に接触してくるかもしれないなんて、不気味である。常識的に考えて、個人の電話番号や住所、メアドなどは不用意に公表しないもの。しかしSNSを介すると、多くの人々は慎重さを忘れてしまう。

・公共的には何の価値もないような人間であっても自由に発言することができ、しかもそれが過激であるほど注目されてしまう。

・誰かの名誉を傷つける発言、事実に反する発言など、不穏当な発信をしてもなかなか責任が問われない。名誉毀損や業務妨害などで訴えられそうになっても、ひとまずIDを削除してしまえば、逃げることができる。被害者が法的な解決を求めることも可能だが、その際は発信者情報の開示請求、弁護士の手配、裁判の準備など、多大な手間とカネがかかる。

結局、どんなに理不尽な言葉でボコボコに叩かれたとしても、言われた側(被害者)が泣き寝入りするしかない状況が長年続いてきたのである。「悔しいけど、ネットにはもともと、そういった負の一面もあるのだから、仕方ないよね」「いちいち相手にしていたら、こちらが疲弊してしまう」といった諦観も、誹謗中傷を受けた被害者たちの妥協につながってきた。

ネットは決してユートピアではない

私が本稿で考えたいのは「誰もが自由に発言できるインターネットで、何かを発信する際にわきまえておかなければならない『責任』」について、である。

今回の木村さんの一件を受け、SNSとは、かくも残酷なものなのか……と改めて思わずにはいられなかった。SNSの影響で、人が死んでいいわけがない。おかしい。あり得ない。間違っている。その異常さをきちんと認識すべきである。

ネットはたしかに便利なツールであり、使い方次第でたくさんの利便性をわれわれにもたらしてくれる。ただ、愚かさ、狡猾さ、欲深さ、残酷さなど、人間のどうしようもない本質や業を顕在化してしまう一面も、確実に備えている。決して、ユートピアのような世界ではないし、万能な道具でもない。

そういったことは2009年に刊行された私の本『ウェブはバカと暇人のもの』のなかで、すでに喝破していた。しかし、SNSユートピアを信じる“ウェブ2.0陣営”の呑気(のんき)な連中は、「この本で書かれていることに触れてはいけない……」と明らかに距離を取り、私のことを腫れもの扱いした。

だが、現実を見てほしい。同書の刊行から11年、インターネットの世界で起きてきた現象や出来事を振り返ってみれば、結局、私が書中で指摘したことが実証され続けてきた歴史ではないか。バカな人間は便利なツールがあろうとなかろうと、バカであり続けるのだ。

リアリティショーはドキュメンタリー仕立ての「ドラマ」

人間のバカさかげんは、生まれ持った知性や人格に加えて、それまでの人生で積み重ねてきた学習量や常識の獲得などによって決まる。

今回、木村さんが苛烈に叩かれるきっかけとなったのは、『テラスハウス』のなかで描かれた「木村さんの大切なリングコスチュームを共同生活する男のひとりが洗濯して縮ませてしまい、それに対して木村さんが激怒する」というくだりだった。感情移入しながら視聴してきた人間にとっては、心がざわつくシーンだったのかもしれない。

だが、これは“リアリティショー”という、ドキュメンタリー風味のドラマなのである。シナリオや演技をどの程度つくり込むかは番組にもよるのだろうが、事前に設定された展開に沿って、演出が加えられた映像なのだ。いちいち「※番組上の演出です」のようなテロップでも表示しないと、それが理解できないのだろうか。

自分の役割に徹し、求められた反応を披露しただけの木村さんに本気で激高し、SNSで容赦なく罵詈雑言を浴びせかけた人々がいたわけだが、こうなってくると悪役はもはや、エンタメの世界に登場できないという事態になりかねない。毒舌が売りの芸能人はその言葉を封印され、プロレスからはヒール役が消滅し、高度な演技力が要求されるからこそ“オイシイ”役どころでもある、悪の親玉を演じてくれる俳優がいなくなってしまう。また、『ウルトラマン』や『仮面ライダー』などのヒーローシリーズでは、終盤になると悪役が正義の主人公に対して「オレはこんなにつらかったんだ……」と悲しい身の上を告白し、最後は握手をして「一緒に世界の平和のために戦おう!」という展開ばかりになるかもしれない。

バカが直接、罵詈雑言を投げつけてくる恐怖

単なるストーリーを「ガチ」だと思い込むような、メディアリテラシーの低いバカが多いことから、今回のような悲劇が生じた側面は否めない。SNSが普及する前であれば、ここまで低レベルのバカが公共の場で発言することなど、ほぼ許されなかった。また、プロとして一定の評価を得ている人物に向けて、直接、罵詈雑言を投げつける手段も存在しなかった。そうした環境が、世界に安寧をもたらしていたのだ。

芸能人やスポーツ選手であれば、以前は所属事務所や所属組織の工夫ひとつで、彼らを罵詈雑言から守ることができた。タチの悪い手紙やメールが届いたとしても、事務所が防波堤となり「本人には見せない」という手段を取れば、その内容がストレートに伝わることはなかったのだ。だがSNSの場合は、バカが直接襲いかかってくる。

想像してみてほしい。スマホの通知音が「ポーン」と鳴り、「あ、番組を見た友達が感想を送ってきてくれたかな」「『楽しかったよ!』『頑張ってね!』という応援かも」などと思いながら開いてみたら、「テラハから出て行け!」「オマエだけは絶対に許さない!」「死ね!」といった言葉が有象無象から間断なく送りつけられる。そんな状況は、わざわざ説明するまでもなく、地獄である。

「批評、批判」と「罵詈雑言、誹謗中傷」はまったく違う

今回のような事件に触れると、改めて「あぁ、人間って本当に成長しないし、本当に自分本位で強欲な生き物なのだな」とウンザリしてしまう。

別に批評、批判をすること自体は悪いことではない。批評をする自由は誰にでもある。ただ、以前であればお茶の間や居酒屋など、ごく少数の身近な人々の間でしか口にされなかったような低次元の批評や批判が、インターネットの普及以降、とりわけSNSの普及以降は大きく拡散するようになってしまった。

「ブス」「デブ」「キモい」「バカ」などの言葉が私的な場で持ち出されることは、まったく問題ない。「プライベートな場での誹謗中傷の制限」なんて法律ができたら、それこそ超絶管理社会の到来であり、決して認めることはできない。

誰でも自由に発言できること、議論に参加できることは、ネットの大きな特徴であり、利点でもある。それを否定する気はない。ネットを介すれば、これまで目を向けられることがなかった権力を持たない者、知名度や影響力を持たない者、世間に埋没していた弱い者の声を、多くの人に届けることが可能になった。それが一定の世論を形づくったり、ムーブメントとして拡大し、世の中を変えたりしたこともある。「保育園落ちた日本死ね!!!」や「#検察庁法改正案に抗議します」はそのわかりやすい例だろう。悪いことばかりではないし、「力のない者は黙れ」といいたいわけでもない。誰だって批判や批評はしてもいい。

とはいえ、「批評」「批判」と「罵詈雑言」「誹謗中傷」は別なのである。作品の出来栄えについて、冷静に批評や批判をするのはまっとうだ。しかし、感情的になって「死ね」「ブス」「消えろ」といった言葉を直接本人に寄せるのは、もはや罵詈雑言や誹謗中傷という、悪事のレベルである。

匿名性ありきのネット文化が全盛だったころ

当たり前の話だが、人間社会では、何かをオフィシャルに発言する以上は、その発言に責任を持たなければならない。

2000年代前半あたりまでの、「2ちゃんねる」に代表される匿名性ありきのネット文化が全盛だったころは、ネット上に転がっているさまざまな発言を「所詮は便所の落書き」的に捉える風潮があった。信頼できない有象無象の放言として受け流したり、距離を保って内容の真贋を見極めたりするような、ある種の冷静さや作法をネットユーザーはわきまえていた。そもそも、いまほどユーザーは多くなかったし、よくも悪くも牧歌的だった。掲示板などでバカがわめき散らしたところで、タコツボのなかでの罵詈雑言として捨て置かれることが大半だった。

当時から、著名人が自分をネタにしている掲示板を、こっそりのぞきに行くことはあっただろう。しかし、よほどのマゾはさておき、そこにレベルの低い悪口や事実に反する指摘が並んでいたとしたら、そっとブラウザを閉じて、わざわざ何度も見に行くことはしなかったと思われる。「はいはい、あなたたちみたいなアンチよりも、応援してくれるファンのほうが圧倒的に多いからね。バカはネットの底辺で憂さ晴らしでもしていてください(苦笑)」と取り合わなかった。

SNSの普及でバカが拡声器を手にした

そして「2ちゃんねらー」のようなコアなネットユーザーにしても、ネット文脈を理解したうえで、ある程度の「わきまえ」「作法」を心得ている人が多く、掲示板の雰囲気を壊さぬよう、ある種のプライドすら抱いて自分たちの居場所を守ろうとしていた。「閉鎖されたアングラ空間である2ちゃんねる以外には、自分の書き込みを出してもらいたくない」と考えていた節もある。

だからこそ、2ちゃんねる上の発言を何の断りもなく転載してアクセスを稼ぎ、アフィリエイト収入を小賢しく得ているような「まとめサイト」を敵視し、自分たちなりに培ってきた作法や文化を軽んじて、「ただ儲かればいい」と振る舞うヤツを許さない「嫌儲」意識が高まったのだ。「オレたちは、自由に発言したり、独特のコミュニケーションを楽しんだりできる、この閉鎖空間を大事にしてきた。そこに黙って踏み込んできて、勝手に発言を外に持ち出すのか? さらにはそれで儲けようというのか?」といった、義憤に近い気持ちもあっただろう。少なくとも、ネットアングラはただ殺伐としているだけの無法地帯ではなく、一定の自浄作用やバランス感覚みたいなものも兼ね備えていた。

こうした空気感が変わる契機となったのは、やはりSNSの普及だろう。かつてのネット文化を知らないユーザーが大量に流入し、ネットは「タコツボ」から「世間」にクラスチェンジした。SNSを使うことで発言の拡散力は高まり、「バカに拡声器を与える」という悪い一面も強化された。以前であれば世間に埋没していた声が、顕在化するようになってしまった。つまり、これまで触れることのなかった悪意や害意を無遠慮にぶつけられる可能性も高くなったのだ。

批評、批判を口にする際の作法と責任

このような状況にあっても、SNS上で長らく軽んじられてきたのが、発言をするにあたって負わなければならない「責任」だ。「自分はオマエらにカネを落としてやっている客だ」「自分は視聴率向上に貢献している視聴者だ」「自分は著名人のように優遇されていない、弱い一般人だ」などと暗に居直り、都合よく匿名性を利用しながら、無責任に罵詈雑言をぶつけてくるバカが、あまりに多すぎる。

いわゆるプロの批評家という人々は、自分の発言に責任を負ったうえで批評を行っている。「その指摘は間違っている」となれば、自分も批判の対象になるし、場合によっては立場や影響力を失うこともある。そうしたリスクなどもすべてひっくるめて責任を負い、批評や批判を展開しているのだ。

現在のSNSでは、そうした責任やリスクを負わず、ただ批判をするだけの人が跋扈(ばっこ)している。なにか問題が起きれば、アカウントを削除して、逃げる。責任は一切負わない。下手をすると「有名人はディスられるのも仕事のうち」「批判は有名税みたいなもの」「批判されるのがイヤなら、表舞台に出てくるな」と自分の愚行を正当化したりもする。

それ、違うだろ!

批判や批評とは本来、自分の発言に責任を持つ者どうしが、お互いの信念なり人生なりプロ意識なりをかけて、一定の敬意やコミュニケーションの作法を意識しながら発すべきたぐいの営みだ。一方的に石を投げつけて逃げることなど、許されるものではない。いや、仮にそういう発言や行為に及ぶのであれば、自分も同じ扱いを受けた場合、それを甘受しなければならない。

あわせて読みたい

「木村花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。